週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5]
前回は、前進正対とその一部である進入正対を見た。



ここでは、主導正対を見る。

・主導正対

主導正対とは、守備者と正面から向かい合い、そのまま押し下げる正対を指す。



具体的には、次のようなプレーを指す









以上において、前に出る保持者に対し、守備者が後ろに下がっている。
この状態を作ることができれば、前方へのパスを通しやすい。

守備者は、足を横にそろえ、やや沈み込んだ体勢を取る時、もっともパスカットの範囲が広くなる。



これに対し、後ろに下がる姿勢では、横の動きは制限され、パスカット範囲は極めて小さくなる。



守備者の横の動きを制限することは、ドリブルにおいても重要な意味を持つ。




前に出る保持者に対し、守備者は後ろへ下がる。
保持者は、守備者に向けてボールを突く。









守備者は、非常に苦しい体勢にある。
これは、最初に後ろに下がる状態で抜かれたためである。
このため、横への対応が遅れる。








正対から相手を押し込み、そこから縦に抜いている。
パスでも見たように、後ろに下がると、横の動きに対して反応しづらい。
また、後ろに下がるということは、ボール保持者との距離を空けるということであり、切り返された後、再び詰めるのに時間がかかる。



正対により押し込むことで、守備者に不利な体勢を余儀なくさせ、そこから抜く。

本当のドリブルとは、横の動きで相手をかわすことではない。
前進から押し込み、そこから抜くことのできる選手を真のドリブラーと言う。

以上、正対がパスにもドリブルにも本質的に重要であることを見た。

正対が本質であるということは、正対から使うことができる技術を身につけることが、プレーを向上させる最適な道であることを意味する。

これまでも見たように、正対からは、前方へ常に4つの選択肢が存在する。
左右を抜くパスとドリブルである。

最低限、この4つのプレーができれば、試合で役に立たない選手になることはない。

その意味で、技術ミニマムと呼ぶべきものである。

次回はこれを見る


前回は、維持正対までを見た。ここでは、前進正対からを見る。




・前進正対

前進正対とは、自ら守備者に向かい、正対状態をつくりだすことを指す。



具体的には、以下のようになる。










自ら相手を求め正対する。

下のプレーも同様である。










一切逃げずに、自ら守備者と正対する。

以上は、相手がいる場所そのものを目指して正対する前進正対である。
また、前進正対の一種として、自分の動くコース上に進入してくる相手と向かい合う正対もある。



これを進入正対と呼ぶ。


・進入正対

前を向いた状態から、斜め中央へと進路を取る。






このコース上に、守備者が侵入してくる。
これに対し、進路を変えずに進む。






進入してくる相手と正対直前にある。



右へのドリブルフェイクから切り返し。








この進入正対は、ドリブルと絡めて使われることが多い。
これは以下の理由による。
守備者は、ボールの移動軌跡上で止まろうとする。
その止まろうとする瞬間にフェイントを合わせることで、相手を大きく振ることができる。
このため、逆に抜けた後、相手に追われることが少ない。

進入正対は、相手との正対直前に技をかけて抜くことに適している。

次に、正対において最も重要な主導正対を見る。


前回は、サッカーの上手さは正対により評価されるべきことを見た。
ここでは、正対の種類について見る。




・瞬間正対

瞬間正対とは、ごく短い時間、相手と正対することである。













この程度でも、相手の動きを制約する効果がある。
これが最も初歩的な正対である。


・抑止正対

抑止正対とは、前に出てくる相手に対して体の正面を向け、その方向にプレーベクトルを向けることによって、前進を阻むことである。
プレーベクトルを向けるとは、相手方向に踏み込み、前へのパスやドリブルを見せるといった行動を指す。













この例では、正対している時間が短く、止めた後すぐに横を向いている。
この横を向いた状態は、相手の前進を止める効果が薄く、次のプレーに時間がかかると体を寄せられることになる。

より時間の長い抑止正対は、以下のようになる。














相手を止めた後、状況によっては、周囲の動き出しを待つため、正対状態を維持する必要がある。
そのような正対を維持正対と呼ぶ。
次にこれについて見る。


・維持正対

維持正対とは、正対状態を一定時間維持することである。
これは、周囲のパスを引き出す動きを促すために重要である。

横を向いた状態から正対に入る。




前に踏み込み、アウトで切り返すフェイントを行う。





次に、左へパスを出すフェイントを行う。





正対状態に戻る。




味方にボールを預ける。





正対状態を維持するため、ドリブルフェイク、パスフェイクが用いられていることがわかる。

次も維持正対の例である。
(画像出展:http://www.youtube.com/watch?v=euMu1SKi-ak















右足を振り上げて回す動作が、相手を牽制するために使われている。

正対を維持できるようになれば、相手と向かい合う恐怖がなくなる。
そうなれば、自ら求めて正対を行うようになる。
相手に向かって前進し、正対することを前進正対と呼ぶ。

次にこれを見る

ここまで、正対こそがサッカーにおける上手さの核であることを見た。

正対が核である以上、技術レベルは、それを基準に定義されなければならない。



この基準は、いわば正対度というべきものであり、上に行くほど高い。
サッカーの技術の高さにおいて、個別技術の器用さ、キックが正確である、キックが遠くまで飛ぶ、切り返しが深い、切り返しの種類が豊富である、といった要素は副次的な重要性しか持たない。

副次的であるということは、個別技術がサッカーに必要ないという意味ではない。
いくら正対に優れていても、その後のパスがすべてずれるようでは意味がない。

個別技術は、正対の後に重要になるという意味である。

また、個別技術をいくら器用にこなしたところで、正対ができなければ、それはただの下手である。
この点については、これまでに見た通りである。

正対ができるか否かによって、明快に上手、下手の区別がなされる。



正対をできる選手が上手であり、正対をできない選手が下手である。

より正しく言えば、正対してプレーする方が楽な選手を上手と呼び、正対しないでプレーしたがる選手を下手と呼ぶ。

正対の欠けたプレーは、しょせん嘘であり、偽である。

最初は、どうしても横を向いたプレーから始まる。
ボールを持って相手に詰められると、あわてて横を向いてしまう。

少し進化すると、相手から逃げながらも、ボールを保持して移動しつつプレーするようになる。

これがスラロームである。

ただし、スラロームは、行き止まりの概念である。

どんなに突き詰めたところで、本当に上手くはならないし、真の技術は身につかない。

上手と下手の段差を飛び越える鍵は、正対にある。

そこを乗り越えて初めてサッカーをプレーすることができる。
それ以前は、サッカーの真似事をしているにすぎない。

これは、サッカーを見る上で絶対に欠かすことのできない視点である。

正対も、レベルにより、いくつかの種類に分けることが可能である。



次に、それぞれの意味するところを見る。


以前、スラロームにより、一度抜いた選手に追いつかれる例を見た。


















欠点は、横から詰める選手に対して横を向き、中に切り返すことが最初の守備者に近づくことにあった。









この解決例を見る。

今、白と黒のチームが左に攻めている。
センタライン上、画面上側の選手がボールを受ける。






保持者の前方に十分なスペースがある。
ここから向きを変え、中央の選手と向き合う。











ここでは、完全に正対状態にある。



正対から縦に切り返す。








前方の選手と正対する。





最初に正対した選手は、一度受身に回ったため追うことができず、地面に横たわっている。
ここから、サイドへパス。







これも連続正対である。

始めは、十分に前方のスペースのある状態であった。



それにもかかわらず、横へ動き、一度正対する。



これにより、サイドに追い込まれる危険を避けると同時に、前へ加速することを防いでいる。
その後、次の守備者と正対し、前方へパスを出す。
正対することは、相手に近づくため、危険なプレーに見える。

しかし、守備者を受身に回してしまえば、むしろ次のプレーが容易になる。

同様の例を見る。



ボールを持つチームは左に攻めている。
下図の白い矢印の先にボールがあり、オレンジの矢印の先に保持者がいる。



白い守備者に追いつかれる。



正対に移行する。






アウトでの切り返し。



次の守備者と正対する。




中への切り返し。




次の守備者と正対する。
以下、画面左の白い守備者の足がそろうことがわかる。
これは、正対されたことにより、それを受ける体勢に入ったためである。





サイドへパス。









最初は、サイドの狭いスペースから始まった。



これを次々と正対することにより、脱した。



典型的な連続正対であり、一対複数の状況を、正対により1対1の連続に還元している。

正対は、相手に近づくが、守備者を受身に回すことで、切り返した後に距離を空けることができる。
スラロームは、最初は相手から遠ざかるが、自分を不利な体勢に追い込むため、大きな切り返しなど、無理な技が必要になる。

相手に向かうことは、一見怖いように見えるが、サッカーにおいては正対した方がよいプレーを行いやすい。

ピッチ上で、守備者と正対する方が楽な選手を上手と呼び、そうでない選手を下手と呼ぶ。

下手を上手いに変えるには、途中で正対すればよい。



これにより、左右にパスコースが確保される。
パスをフェイントに縦に切り返し、次の守備者と正対すれば、また新しいパスコースが確保される。



連続的に正対すること、それにより、1対複数の状況を1対1の連続に変えることが、よいプレーをする鍵である。

正対から逃げる選手は、自ら厳しい状況を打開することができない。
それどころか、自ら厳しい状況に落ち込む。
そうなっては、いかに素質に恵まれ、いかに良い個別技術を持っていたとしても、実際の試合では役に立たない。

それが下手ということである。

これまで、正対こそが上手さの核心であり、下手を上手に変える鍵であることを見た。

次回は、サッカーの技術はどのように理解されるべきか、上手いとはどのように理解されるべきかを見る




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター