週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [555] [554]
これまで、下手とは簡単に横を向くことであることを見た。
この稿では、それに移動を加えたプレーを見る。

具体的には、次のようになる。

以下の図において、赤いチームは、右へ攻めている。
今、画面左の赤い選手がボールを持つ。




















以上のプレーの特徴は、ボール保持者の進路が、守備者と守備者の間、もしくは、守備者とサイドラインの間に取られていることである。





移動の軌跡は、下のようになる。



このプレーには、以下の問題点が存在する。

まず、守備者を避けるように動くため、体の横を相手に見せながらプレーする。



これにより、先に見た、簡単に横を向くプレーと同じ弊害を持つ。

軌跡を見ると、中央からプレーが始まり、サイドで終わっている。



また、横移動により、体の正面がサイドラインを向く。



このため、次のプレーが制限される。

以上の欠点は、簡単に横を向くプレーと共通している。

同時に、次のような問題も存在する。
まず、スペースを大きく使うため、広いプレーエリアが必要となる。



スペースを多く使い、最終的に苦しい体勢で終えたのでは、空間の無駄遣いに過ぎない。

さらには、守備者を避け、スペースを走ることは、後ろから追われる状況になりやすい。
追ってくる相手との接触を避けるためには、前へと加速するしかない。
加速すれば、当然スピードが上がる。
ボール保持者のスピードが上がりすぎることは、様々な弊害を生む。

下図は、スペースへ加速する典型的な例である。
















センターサークル手前でボールを持ち、守備者に横を向けて加速する。
後ろから追われ、最終的にペナルティーエリア手前で追い付かれボールを失う。

ボール保持者がスピードを上げれば上げるほど、次のプレーが難しくなる。
走ることに力を奪われれば奪われるほど、他の行動を行う余裕はなくなる。
視野は狭くなり、切り返しではころび、パスは大きくずれ、シュートはふかす。
また、相手を振り切ろうにも、通常、ボールを持って動く選手の方が遅いため、走る時間が長くなればなるほど追い付かれる可能性が増す。

守備者の間を加速するプレー、相手に体の横を向けスペースに加速するプレーは本質的に以下の欠点を有する。

・体勢を悪くしやすい
・ポジションが苦しくしなりやすい
・プレーに大きなスペースが必要となる
・スピードが上がりやすい

ここで見たプレーを、スラロームと名づける。

次回は、異なる形の典型的なスラロームを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター