週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
前回は、ボールとの接触点を変えることについて見た。

ここでは、接触点が同じでボールの軌道を変えるための動きを見る。

最初に膝の返しについて見る。

具体的には次のようである。

ボールとの接触における、右膝の動きを見る。
























接触において、膝が返っている





接触前、内側に捻り込まれている膝が、接触後には上向きに返っている。




この膝の返しにより、ボールはよりイン側へと動く。



次も同様である。




















接触において、膝の返しが見られる。




これは、最初に見たもの同様、ボール軌道をイン側にずらす効果がある。

参考のために、同じ動作を別の角度から見る。


























全ての角度において、接触における明快な膝の返しが見られる。










以前、シュートにおける表表変換を見た。

そこでも、膝の返しがボール軌道をイン側にずらすために使われていた。





ドリブルでもシュートでも、同じ動きが同じ目的のために使わている。

次に、アウト側へずらすために膝の返しが用いられる例を見る。










外側を向いていた膝が、内側に向けて返っている。




この動きは、ボール軌道をアウト側へとずらす。



次も同様である。













外側を向いていた膝がより内側に向く。




この動きは、ボール軌道をアウト側へとずらす。



以上のように、膝を返す動作は、イン側、アウト側、両側へ進路をずらすために用いられる。

次に、足首の動きでボール軌道をずらす動きを見る。












足首を内側に捻り、足先が内側に動いている。




これにより、ボール軌道はイン側にずれる。

次も同様である。









足首を内側にひねり、足先が内側に動いている。





これにより、ボール軌道はイン側にずれる。

次は、足首の動きによりアウト側へずらすものである。










足首を外に返す様子がわかる。





次も同様である。



























最初の接触は次のようである。





二番目の接触は次のようである。





ともに、足首を外に返す動きが見られる。

これは、ボール軌道をアウト側にずらす。

次に、受動的な変形を用いてボール軌道を変える例を見る。

受動的な変形とは、コントロールで見たものと同じ意味である。

具体的には、次のようである。






























ボールとの接触は次のようである。




ボールとの接触時に、足首から先の部分が外側にねじれ、相対的に後退している。





点線が接触前であり、実線が接触後である。

この変形を用いて、ボールの動きを変えることができる。

足をボールに近づける

ボールと接触する。

この時、足首から十分力が抜けていれば、ボールから押される力で足先が後方へ旋回する。

ボールから押される力で受動的に変形するため、受動的な変形や受動変形と呼ぶ。

この変形により、足とボールの接触角が変わる。

この状態からボールに力を加えれば、模式的に次のように飛ぶ。

最初に足がボールに接近する方向と、実際にボールが飛ぶ方向にずれが生じる。

接触点が同じでも、この受動変形の大小により、ボールの飛ぶ方向は異なる。



次に、重心を移動させることにより、軌道を変えることを見る。

















接触に前後で、体を支持する足が横方向に伸びている。





これは、重心を横方向に動かす効果があり、結果としてボールにも横方向への力を加える。



接触点が同じでも、この動きがない場合に比べ、より横方向へボールを動かすことができる。

同じ接触点でも、体を支持する足をどの方向に伸ばしながら接触するかにより、その後に飛ぶ方向は異なる。

次に、回転による軌道変化を見る。












































接触後、ボールは明らかにアウト側へと動く。





しかし、その後、イン側へ戻ってくる。






これは、ボールにかけられた回転の効果である。

回転の有無、大小により、接触後の軌道を変化させることができる。

次も同様である。



















































正面方向に飛んだボールが、その後、ラインに近づいている。





これも、回転の効果である。

次は、アウト側へ抜くものである。


































ここでも、回転によるボール操作が行われている。



図の1は、2よりも時間的に前の状態である。

アウト側へ抜いた後、ボールとの接触がないにも関わらず、軌道がイン側にずれている。

これは、回転の効果による。






ボールの中心よりも上に接触し、足を上から下に動かしている。

地面と足の間にボールを挟み、上から切るような動作になっている。

これにより、イン側への回転がかかり、ボールは守備者を避けるような軌道を取ることができる。



これは、相手を抜くことに寄与し、その後のプレーの継続を助ける。

ここまでに見た、ボールの予想進路と実際の進路を変えるための要素をまとめる。

触る場所を変える
足の入れ方
足の形
重心の移動
膝の向き、配置
触る触らない

同じ接触点から動きを変える
膝の返し
足首の返し
受動的な変形
重心の移動
回転

これらの要素の組み合わせにより、予想と異なる方向にボールを動かすことができる。

しかし、以上の要素が、軌道をずらす要素の全てではない点には注意すべきである。

例えば、ボールに接触する部分の速さの変化を上に加えることも可能である。

斜めに動くボールに対して足が近づく状況を考える。



ここで、足の動く速さが変化しなければ次のように接触するとする。



もし、足が前方に加速すれば、接触場所は変化する。



この場合、前の接触と比べれば、よりアウト側にボールを動かしやすくなる。



これに類するプレーは、次のようである。










次の2つの図の間に、地面を踏む足の膝が強く伸びている。




これは、体全体を前方に加速させる効果を持つ。

この加速にともない、足も前方に加速していれば、接触点が変わる効果が期待される。

実際にそうなっていることを認めれば、上のリストに速さの変化を加えることができる。

ここで見たリストがどのような形で尽きるのか、本当に尽きるものなのか、現時点ではわからない。

ドリブルの上手下手は、接触前の動きから予想されるボールの軌道と、接触後の実際の軌道をずらす技術と直接的に関係している。

それは、スペースがある状態でボールを動かす状況、コンダクションの部分でも、実際に相手を抜く場面、レガテの部分でも同じである。

その点を突き詰めることは、ドリブルの技術向上に寄与すると考えられる。

ドリブルで相手を抜くことに関しては、現在のところ以上である。
ここまで、ドリブルにおいては、ボールに接触する前の予想進路と、実際の進路が異なることが重要であることを見た。

これは、相手を抜く前のアプローチにおいても重要であり、同サイドの変化から抜くためにも重要であり、抜いた後が次のアプローチにつながるという意味でも重要であった。

ここでは、予想と実際の進路をずらすための動きについて見る。

もっとも単純な状況では、足が入る方向とボールが飛ぶ方向は一致する。



足が入る方向にボールが飛ぶと予想され、実際にもその方向に飛ぶ。

ここから足の入れ方を変え、接触点を変えば、飛ぶ方向は変わる。



また、同じ方向から足が入っても、足の向き、もしくはその形で飛ぶ方向は変化する。



具体的には、以下のようである。














ボールの中心より内側につま先を内側に入れた状態で触れる。




ボールはアウト側へと飛ぶ。




ボールとの接触点を変えることで、ボールの飛ぶ方向は変わる。

類似した動作から接触点を変えることができれば、予想進路と実際の進路をずらすことができる。

このため、接触点を変える技術は、ドリブルにおいて重要となる。

接触点を変える方法の一つは、体全体の重心を移動させることである。

右足でボールに触る場合を考える。



この時、体を支持する左足で、重心が右に動くように地面を踏む。

重心が右に動けば、それにともない右足も右に動く。



それにより、触る場所を変えることができる。



具体的には、以下のようである。

















最初、足はボールに対して縦に入るように見える。





実際には、外側から触れる。






この過程で、重心はアウト側、保持者から見て右側に動いている。






踏み切る方向により、ボールとの接触点をずらしている。



次も同様である。
















地面を踏む方向、踏み切る方向を変えることで、接触点をずらすことができる。

次に、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらす動きを見る。

例えば、足をボールに近づける途中、膝を外に向ける。

膝の伸展方向が外に向くため、足の軌道は外にずれる。



具体的には次のようである。


















最初膝は正面方向を向いている。




接触までの過程で、膝はより外側を向く。






これにより、足はボールの外側へ動く。

外側を触れることにより、ボールはイン側に動く。





膝を内側に向ける例は次のようである。
























膝が内側を向いている。



この動きがあることで、ボールとの接触点は変化する。



次も、膝の動きによりボールとの接触点を変える例である。















接触前の膝の動きは次のようである。






最初、膝は下を向いている。



そこから膝を内向きに持ち上げる。





膝がボールの内側に触れやすい位置に来ている。

ここから、支持足を左前方に伸ばし、ボールに触れる方の膝を伸展させながらボールに触れる。





膝の位置、もしくは、膝の体に対する相対的な配置を変えることにより接触点を調整している。

次は、キックフェイクから触る場所を変える例である。


























足は最初、ボールの後方から近づくように動く。





その後、軌道が変わる。





横方向から接触している。

膝の位置、もしくは配置を変えることにより、接触点を変えている。





以上のように、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらすことができる。

接触点をずらすという意味では、ボールに触れないこともそれに含まれる。













この角度からは、ボールに触れたようにも見える。



しかし、実際はまったく触れていない。











触れると見せて触れないことは、予想と実際のボール進路をずらすことにつながる。

このため、空振りと呼ばれる動作は、ドリブルにおいて重要な意味を持つ。







保持者は、アウト側へ触るモーションからボールに触れていない。





これに対して、24番の守備者は次のように反応する。






画面左に反応している。

仕掛ける前に相手を崩す場合など、ボールに触らない動きは有効である。

以上では、予想進路と実際の進路をずらすため、接触点を変えることを見た。

次に、接触点が同じでボールの軌道を変えるための動きを見る。
前回は、ドリブルで間違いやすい部分とその改善について見た。

ここでは、ドリブルの基本となる流れをまとめる。

アプローチで先手を取り、主導権を握る。



正対からニュートラルを経由して仕掛ける。



実際のボール進路と違う方向を予測させる。



守備を加速させる。



方向を変える。



守備との間をつくる。



次の行動を邪魔させない。



以上が、ドリブルの大枠、もしくは骨組みとなる流れである。

実際には次のようである。

アプローチで正面へのドリブルを見せる。






イン側にボール進路をずらす。






守備を誤った方向に反応させる。










これにより主導権を握る。



正対する。



ニュートラルな状態を経由する。





実際のボール進路と違う方向を予測させる。







守備を加速させる。







方向を変える。










守備との間をつくる。








次の行動を邪魔させない。










ここでは、シュートで終わっているが、それがパスであり、次の相手をドリブルで抜くことであってもよい。

相手を抜く際、常に以上の要素すべてがあるわけではない。

しかし、それぞれがドリブルの目的を達するために必要な成分であり、この流れは基本とするに足ると思われる。
















次回も、ドリブルについて見る
ここでは、これまでをまとめ、ドリブルで間違いやすい部分とその改善方法について見る。

最初に相手に近づいていくアプローチ部分を見る。

この部分で、ただボールを動かすだけでは良くない。



それでは、待ち構えている状態の相手に仕掛けることになる。

ボールの予想進路と実際の進路をずらす必要がある。



これにより相手の予測を外すことができる。

予測を外せば相手を受け身に回すことができる。

受け身に回った守備者は、ボールに対して積極的に出ることができなくなる。

それにより、主導権を握ることができる。

主導権を持って仕掛けることは、相手を抜く上で重要だと考えられる。

仕掛ける時の基本は、正対である。

正対とは相手と正面から向かい合うことである。



例えば、ボールを守りやすいからといって横を向いてはいけない。



そこから技を出して抜くことはサッカーの基本ではない。



このような行動は、本質的に正面の相手から逃げているだけである。

これを基本としてしまうと、下手に向けて一直線である。

絶対に、正面から向かい合うことを基本としなければならない。



正対した後は、ニュートラルな状態を経由する。

ニュートラルとは、左右への偏りが少なく、両側へのドリブルが可能な状態を指す。

例えば、次のようなものである。









これを経由することは、いくつかの利点がある。

その中の1つは、崩れた状態で仕掛けることを防ぐことである。

ドリブルで無理なバランスから仕掛けて、自分で勝手にボールをなくす選手をしばしば見かける。

そのようなミスを防ぐ効果がある。

抜くための仕掛けでは、同サイドの変化を用いる。





サイドを変えるだけがフェイントではなくドリブルではない。





サイドを変える場合も、同サイドの変化と合わせて用いるとよい。





同サイドの変化は、次の守備者の予測を外す上でも重要である。

例えば、サイドを変える変化だけでは、抜いた後の軌道を予測され、守備に狙われることがある。



同サイドでの変化を用いれば、次の守備者の予測も外すことができる。



ドリブルでは、目の前の守備者を抜けばいいというだけの思考に陥りがちである。

しかし、実際には周囲にも守備者がいる。

それらの予想も外さなければ、現実的にプレーは続かない。

次のプレーのアプローチも考慮して、目の前の相手を抜く。

これは、ドリブルにおいて重要だと考えられる。

その目的において、同サイドの変化は有効である。

同サイドの変化を用いる場合、相手を抜くということに対するイメージが一般と異なる可能性がある。

抜くというと相手を後ろに置いていくようなイメージになりやすい。



しかし、現実的には、適切な位置を取り、次のプレーを相手に邪魔されなければいい。

例えば、シュートを決めたければ、シュートに適切な位置を取り、それを邪魔されなければ十分である。



その目的が果たされれば、ドリブルは成功であり抜いたと言っていい。

同サイドの変化で抜くと相手が同じ方向に反応しているため、追ってくる状況になりやすい。



しかし、最初の反応が間違っているため寄せ切れない。

だからシュートを打つことができる。



これで十分である。

目的が達成されるなら、下の形でも相手を抜いたと言っていい。



相手を後ろに置き去りにすることにこだわり過ぎると、同サイドの変化にたどり着きにくい。

その目的のためならば、やはりサイドを変えるフェイントで相手を置いていくイメージになる。





しかし、このイメージだけでは適切ではない。

抜くことに対する概念が狭すぎる。

相手が追ってきても次の行動を邪魔されなければいい。

そう思えば、もっと広い意味でドリブルを捉えられる。

その方が技術的な幅も広がる。

最終的なイメージが異なっていると、適切な技術、正しい技術にたどり着かない。



抜き切らなくても、次を邪魔されなければよい。

その方が抜くイメージとして適切である。

他の適切でないイメージとして、技は素早く仕掛ければいい、というものがある。

同サイドの変化では、守備者に誤った方向に加速してもらうことで抜く。

その加速が強ければ強いほど、方向転換は難しくなる。



方向転換が難しいほど、次のプレーに反応するまでに時間がかかる。

そうなれば、次の行動を邪魔されない。

人が加速するためには、一定の時間がかかる。

もしその時間が短ければ、守備者を十分に加速させることができない。



それでは、フェイントの効果が十分に発揮されない。

その意味で、素早すぎる仕掛けは相手を抜くことに対してマイナスに働く。

十分な時間、相手を加速させるための動きを見せることが必要である。

これらに加えて、ドリブルでは最終的に取るコースも大切である。

例えば、クロスを上げることを考える。

この場合、できるだけ内側に抜いた方がよい。



その方が、狙える範囲が広い。

外に逃げたら、その範囲が狭まる。



範囲が狭まると、中の守備者が狙いを絞りやすくなる。

また、同じ場所を狙う場合、外に逃げた方が蹴るための角度の変化が大きくなる。



それにともない、体の使い方に無理が出る。

クロスを上げにくくなる。

確かに、外に逃げたほうが行きやすい。



でもそれは価値が低い場所だから行きやすいだけとも言える。

できるだけいい場所を目指して抜く方がよい。

それが上手くなるということである。

同じ人がクロスを上げるなら、角度のきつい場所から上げるより、きつくない場所から上げた方がよい。

それが技術を磨くということであり、技術を最適化するということでもある。

そこを目指して頑張るのは価値があることだと思われる。

次は、ドリブルの基本となる流れをまとめる。
前回は、アプローチ部分で守備を後手に回し、主導権を握って抜く例を見た。

ここでは、それと異なるものを見る。

次の例は、抜けないドリブルの例として見たものである。





































































































ドリブル自体は、完全に失敗している。

正対に移る部分のタッチは以下のようである。
















守備者の反応に注目する。





保持者がボールに接触する瞬間、守備者はすでに右足を外に出している。

これは、画面右に反応する準備である。

実際のボールもその方向に動く。






守備者は、保持者がボールに触れる段階で既にボールが動く方向へ反応する準備を整えている。



これは、触れる前の予想進路と実際の進路が一致するためだと考えられる。



言葉を変えれば、保持者は正対に移る部分で守備者の予測を外す技術を用いていない。

予想を外すためには、例えば、次のようにする。

先に縦への進路を見せる。



守備者の反応を誘った後、進路をずらす。



この形であれば、守備者の予測を外し、仕掛ける前の段階で先手を取りやすくなる。

ここで見たドリブルは、正対から、ニュートラルな状態を経由して行われている。



その点で、技術の大枠として正しい。

しかし、ドリブルとしては完全に失敗している。



技術の枠組みとして改善できる点は少なくとも2つある。

1つは、仕掛ける前、アプローチの部分である。

そこで、予想軌道と実際の軌道をずらし、守備を後手に回して主導権を握る。



下のドリブルと同様の形を目指す。



もう1つは、以前にも見たように、仕掛けの部分で同サイドの変化を用いることである。



抜く前の部分で、より抜きやすい状況を作る。

抜く最後の部分で、守備の予測を外し距離を取る。

この2つは、ドリブルの改善を助けると考えられる。

また、その2つは、ボールの予想軌道と実際の軌道をずらすという点で類似した技術を用いる。

次回もドリブルについて見る


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター