週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
前回は、相手を抜いた後のことについて見た。

ここでは、抜く前、正対にいたるまでのアプローチ部分を見る。

まず、次の動きからどのようなボール進路が予想されるかを見る。













以上は、ボールとの接触が起こる前の部分である。

ここから、どのようなボール進路が予想されるかが問題となる。

守備者が早めに動作を起こす場合、その予想に従って行動する。

もし、予想と実際が違っていた場合、守備は無駄に動くことになる。

実際の進路は以下のようである。

















おそらく、接触前の動きからは、体正面へのドリブルが予想される。






しかし、ボールはアウト側へとずれる。






予想進路と実際の進路に差がある。

次も同様である。













以上からは、体の正面方向にボールが動くことが予想される。

実際は次のように動く。













イン側に進路がずれる。

これに対する守備者の反応は特徴的である。

























一度左に動いた後、右に戻っている。

最初左に動いたのは、保持者の正面方向にボールが動くと予想したためだと考えられる。





しかし、それが、イン側にずれる。








これに対応するため、右に戻る。





これが、予想と実際がずれることによって起こる守備者の無駄な動きである。

守備側から見れば、このような動きは極力避けたい。

ポジションを無駄に修正することは、保持者に対して後手を踏むことを意味する。

後手に回り、主導権を相手に渡した場合、一般的に守備は難しくなる。

以前、仕掛けの部分で同サイドの変化が存在することを見た。



同サイドでの変化とは、同じサイドでボールの予想進路と実際の進路がずれることであった。

今回見たのは、実際に仕掛ける前の部分であり、正対へのアプローチ部分である。

そのアプローチ部分でも、予想進路と実際の進路にずれが存在する。



そのずれは、攻撃側が主導権を握って仕掛けることを助け、結果として抜くことを助ける。





















アプローチ部分で守備を後手に回し、主導権を握って抜く。

次も同様の例を見る。











































これは、同サイドの変化が周囲の守備者に影響を与える例で見たものである。

そのアプローチ部分に、進路のずれが存在する。

例えば、次のボールに接触する前の動きを見る。






ここからのボールの動きを見る。






接触前の動きから予想される進路からアウト側にずれている。



次も同様である。








上の動作からは、縦方向、保持者のイン側へボールが動くように見える。



実際は次のように動く。







ボールは、守備者の方向、正対方向へと動く。



スラローム方向から正対方向への変化が行われている。



ここで1つの注目は、この変更が行われた後のボールの位置である。



保持者の右足から離れた場所にある。

保持者から離れるということは、守備者に近いということでもある。



これに対して、守備者はボールに飛び込むことも足を出すこともできない。

これは、守備者が予想進路に反応したためである。



後方へ加速したことにより、ボールに積極的に働きかけることができなくなる。

いわば、受け身に回った状態になる。

攻撃側から見れば、相手を受け身に回し、主導権を握った状態にある。

ここでも最初に見たものと同様、アプローチ部分で守備を後手に回し、主導権を握ることが行われている。

半身の相手に対して、縦への移動を見せる。



守備者はそれに反応して後方へ加速する。



ボール軌道を正対方向へずらす。



受け身に回った守備者は、自分に向かってくるボールに対して出ることができない。



主導権を握った上で抜く。





最初に見たものと同様の要素が見られる。

次は、それと異なる例を見る
前回、正面の相手を抜く際の同サイドの変化が周囲の守備者の行動に影響を与える例を見た。



これは、ドリブルで相手を抜いた後、プレーを継続するために大きな意味を持つ。

同サイドの変化なしでも、相手を抜くことは可能である。

最初、イン側に振る。



後にアウト側に抜く。



これでも、正面の相手を抜くことは可能である。

しかし、実際のピッチ上では他にも守備者がいる。



非常によくあるパターンとして、この中央側の守備者は縦へのフェイントを見た時、アウト側への切り返しを狙って動く。



そもそも、縦のフェイクに対してこの守備者は過剰に反応する必要がない。



その分、中央への出足は速い。



せっかく正面の相手を抜いたのに、抜いた先でボールを弾かれる、体を入れられる、奪われる、といったことはよくある。

これは、同サイドでの変化を用いることで改善可能である。



同サイドの変化により、抜いた先の守備者の予想を外す。

それにより、守備の動きを制限する。

これが実現されれば、抜いた後より自由にプレーできる。

例えば次のようなプレーがある。












































最終的に倒れているがファールではない。

アウト側への切り返しの予想進路は次のようである。



実際は次のように進む。



ずれがほとんどない。



これをずらす。



これにより、正面の守備者からより離れることができる。

同時に、後ろから追う守備者の予想を外すことができる。



点線方向に反応した場合、実線方向へ急激に方向を変えることは難しい。

守備者がそのまま直進すれば、ファールになる可能性が高い。







上のボール位置であれば、10番の選手がこの形で当たってもファールにはなりにくい。

ボールと同じ方向に移動しながらのプレーであり、正当な競り合いとみなされるからである。

しかし、次の図の左側、白黒のボールの位置であればファールになる可能性が高い。



ボールに対してプレーしておらず、不当な競り合いとみなされるからである。

追って当たってファールになる場合、ファールを避けるためには、追う守備者は身を引かなければならない。










守備者が引けば、プレーは継続される。

プレーが継続する可能性が高まり、ファールを奪う可能性も高まる。

これは、同サイドでの変化を用いる利点だと考えられる。

サイドを変える変化だけでは、追ってくる守備者に寄せられやすい。





同サイドの変化を加えることで、追われにくい状況をつくることができる。





さらに、同サイドでの変化は、中央の守備者にも影響を与えることができる。



中央の守備者も同サイドでの変化に反応した場合、全体の動きは次のようになる。



結果として次のようになる。





周囲の守備者も予想を外されるため、ドリブルで抜いた後、余裕がうまれる。





ドリブルが上手い選手は、正面の相手を抜くのが上手い。

それと同時に、抜いた後に狙われて奪われることが少ない。

同サイドの変化は、その目的において有用である。



同サイドの変化により、周囲の守備者の動きに影響を与え、次のプレーを容易にする。

これは、ドリブルの上達を考える上で重要な要素である。

次回もドリブルについて見る。
前回、アウト側にも同サイドの変化が存在することを見た。

ここでは、その変化が周囲の守備者にも影響を与えることを見る。




































































































一人目の守備者を抜く部分に注目する。

最初に左、イン側へと踏み込む。





その後、ボールに接触する前の保持者の動きは次のようである。







これに対する、右側の守備者の反応は次のようである。





前方に加速しようとしている。



これは、ボール進路を例えば次のように予想したためだと考えられる。



実際のボールの動きは次のようである。









矢印で表せば次のようである。



このボールの動きに対する右側の守備者の反応は次のようである。





減速しようとしている。

中央の守備者は、はじめの段階で点線方向を守るために加速しようとした。



しかし、ボールの進路が予想と異なったために減速する。



守備者が止まろうとしている段階での保持者の動きは次のようである。





この動きから予想されるボールの軌道は次のようである。



これに対して、守備は次のように反応する。








守備者は、予想進路に対して反応している。



そこから、ボールが別方向に動いたために置いて行かれる。




この守備者は、最初、別の守備者が抜かれる段階のずれにより加速方向の変化を余儀なくされている。



そこに次の変化を合わされる。



予想進路に対しては反応する。



しかし、次の変化には対応できない。



結果として立ち止まる。



以上の流れで、中央の守備者を最終的に抜くのは二度目の方向の変化である。



しかし、それが良く効力を発揮したのは、その前の段階で守備者に動きの変化を強要したためである。



それを強要したのは、最初の守備者を抜く段階での同サイドの変化である。



つまり、目の前の守備者を抜く時の動作が、次に抜くべき守備者を崩す動作になっている。

一人の守備者を抜く際の同サイドの変化が、周囲の守備者にも影響をおよぼす。

この点は、ドリブルとプレーの継続について考える上で非常に重要であると考えられる。

次にその点を見る
前回は、逆サイドへのフェイントが効果を持たない状態で相手を抜く例を見た。

ここでは、ドリブルを改善する方向性について見る。





























































最初にニュートラルな状態が存在する。



その後、左足を踏み込む。





踏み込みと逆に切り返す。





体を入れられる。





後ろに戻される。





抜くことには失敗している。

要素として、0,1,2が存在する。







それで抜けない。



相手を抜くために何かを変えるとする。

一つの方向性として、1へのフェイントを強くすることが考えられる。



体を入れられたのは相手に動きを読まれたからであり、読まれないためにはフェイントを強くすればいい、アウト側に抜きたければイン側へ相手を釣ればいい、だから左足でイン側へ踏み込む時に相手をより強く釣ろう、本当にイン側に行くように見える工夫しよう、といった思考法である。

その場合、例えば次のような形を目指すことになる。












守備者をイン側に反応させる。



その上で抜く。



一般的には、この形での改善が試みられると考えられる。

しかし、他の方向性もある。

これまでに見た、同サイドの変化を使う方法である。

今回見たプレーでは、切り返しからの予想進路と実際のボールの動きが一致している。






この動きからの予想進路は次のようである。



実際のボールの動きは次のようである。






予想と実際の進路にほとんどずれがない。



これをずらす。

例えば、次の形を目指す。
















最終的に、シュートコース、中央へのパスコースを確保できる。

ドリブルとして成功したといえる。

ボールに接触する前の動きは次のようである。





この動きからの予想進路は次のようである。



実際のボールは次のように動く。







予想と実際にずれが生じる。



この差によりボールの移動方向と守備者の加速方向がずれる。



結果として守備との距離が開く。



この形を目指す。

まず、守備者に実際とは異なる進路を予測させる。




そこからずらす。




このずれにより守備の加速方向を狂わせる。




結果として距離を取る。



寄せられて抜けないドリブルとは異なる結果を目指す。



ドリブルは、同サイドのみの変化だけでも相手を抜くことができる。



言葉を変えれば、1方向への踏み込みにフェイント機能を持たせることは必ずしも必要ではない。

この認識がなければ、どうしもサイドを変えるフェイントを強める方向のみに目が向く。



しかし、その方向性のみでは、現実に存在する、1の方向に守備者が反応しないのに抜けるドリブルを理解できず習得もできない。

1方向のフェイントを強くすることは、むしろそのようなドリブルから遠ざかる。

結果として、ドリブラーとして技術範囲が狭く、技術的に劣った選手が出来上がる可能性が高い。

ドリブルの練習は、同サイドでの変化、2,3変換の重要性を認識した上で行う必要があると考えられる。



次回もドリブルについて見る
前回は、アウト側へのドリブルでも同サイドでの変化が存在することを見た。

ここでは、同サイドでの変化で抜いているにもかかわらず、サイドを変えることで抜いたと認識される可能性について見る。

模式的な例は以下のようである。







































































































このプレーは、サイドを変える変化により抜いたように認識される可能性がある。



まず、仕掛け前にニュートラルな状態が存在する。



次に、左足を踏み込む。






単純に考えれば、これがフェイントとなり、次の切り返しで逆を取って抜いたように思われる。





しかし、実際にはそうではない。

1方向への踏み込に対する、守備者の右足の動きを見る。






右足を地面につき、体重を移している。

これは、左、つまりアウトへの切り返しに反応する準備である。

保持者が左足を踏み込み終えた直後、すでにアウトでの切り返しに対応できる体勢を整えている。

これと比較するため、次のプレーを見る。

































保持者が、左へ踏み込む。





これに対する守備者の反応は以下のようである。






守備者の右足が浮き、体が右へと傾いている。

この姿勢は、守備者から見て右方向、実際のボール動きと逆方向へ動くのに適した状態にある。

これは、逆方向へのフェイントに釣られたためだと考えられる。

つまり、このドリブルは、1,2変換が効力を持ち相手を抜くものであるといえる。



この守備者が、ボール方向へ動くためには、一度右足に体重を乗せなければならない。

右足に体重を乗せ終えるのは、次の図においてである。



一方、最初に見たプレーでは、下の図において右足に体重を乗せ終えている。



ボールの位置を見れば、両者の反応の違いは明らかである。




最初の例では、保持者がボールに触れる前の段階で、アウト側に動く準備を整えている。



つまり、守備者はイン側、1方向のフェイントにかかっていない。



言葉を変えて言えば、保持者の1方向への踏み込み動作はフェイント効果を発揮していない。

それでも抜くことができるのは、同サイドでの変化が存在するからである。



このプレーは本質的に2,3変換で相手を抜くものである。

しかし、ドリブルで抜くためのフェイントとは、サイドを変えて振るものだという目で見れば、1,2変換で抜いたように認識される可能性がある。



1の方向に反応したから2の方向変化についていけずに抜かれたに違いない、といった解釈になる可能性がある。

しかし、現実は異なる。

次も、同様の例を見る。

最初の段階でのボールの方向と、守備者の加速方向に注目する。
























































































最初の段階で、ボールの方向と守備者の加速方向にずれがある。







以前、このようなずれは、同サイドの変化が有効に行われた際の特徴であることを見た。

拡大図は以下のようである。


































仕掛けの前にニュートラルな状態が存在する。



1の方向に踏み込む。



その後アウトへ切り返す。





この動きは、次の方向への突破を予想させる。



実際のボールは次のように動く。







予想と実際にずれが生じる。



この差によりボールの移動方向と守備者の加速方向がずれる。



保持者は確かに画面右方向に踏み込んでいる。







それに対し、守備者は次のように反応する。






画面右への反応は見られない。

画面左、アウト側へ動く準備を整えている。

これは、遠くからも確認可能である。



つまり、イン側、1方向への踏み込みは、フェイント機能を果たしていない。

このプレーは、本質的に次のようにあらわされる。



逆側へのフェイント効果がまったくない状態で相手を抜いている。

それにもかかわらず、このプレーもサイドを変える、1,2変換で相手を抜いたように認識される可能性がある。



1の方向への踏み込みに釣られたから逆への反応が遅れたんだろう、だから距離が開いたたに違いない、といった解釈になる可能性がある。

しかし、現実は異なる。

この点を明確に認識することは、ドリブルの上達において重要な意味を持つと考えられる。

次にその点について見る


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター