週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565]
これまで、下手とはなにか、という点について見た。

まず、サッカーにおいて最も下手な行動は、すぐに横を向くことであった。
この状態では、相手のプレッシャーを抑える術がなく、自らパスコースを限定し、予測されやすいプレーしかできない。

次に下手なプレーは、スラロームであった。
これは、ボールを持って動く意図を持つ分、横を向くだけのプレーよりも上等である。
しかし、相手を避けながら移動するため、自らの体勢を自ら苦しくするなど、様々な弊害をともなう。

以下に、ボールを持って動くプレーで、スラロームの欠陥を持たぬものを見る。

























このプレーは、スラロームの持つ欠陥を持たない。
違いは、相手に正面から向かうことである。



これにより、切り返しの角度が小さくてすむ。
この点は、スラロームと比較すれば明らかである。
スラロームでは、相手の横から横へと切り返す。



上述の例は、正面から横へと切り返す。



角度変化の差は明らかである。



さらに、スラロームでは、切り返しにより、一度ボールが相手に近づく。



横から縦の変化において、守備者の赤い線を一度横切る。
結果として、ボールがカットされやすくなり、ファールを受けやすくなる。

一方、正面から仕掛ける場合、そのような欠点を持たない。



相手にボールを近づける方向から、遠ざかる方向に切り返すため、距離が保たれやすい。
このため、クロスやシュートをカットされる危険が減ると同時に、ファールを受けにくい。

次のプレーも同様である。




















本当のドリブル、真のドリブルとは、正対して仕掛けるものを言う。
現状では、ここで述べたものとスラロームをまとめて「ドリブル」と呼んでいる。

しかし、この二つは、はっきりと分けた方が良い。
スラロームは、ドリブルに比べて技術的に低い状態であり、弊害が多い。
言葉を区別し、認識を分ける必要がある。

ただし、スラロームが技術的に低いレベルであるということは、それがサッカーのプレーに必要ないという意味ではない。
スラロームを行わなければいけない場面も多々存在することは言うまでもない。

ここでの述べているのは、正対するべき場面でスラロームしかできないのであれば、それは低いレベルの選手であり、いわゆる下手な選手であるということである。

以前と同様、ここでも正対こそが上手と下手を分ける核となる。
上手いとは正対できることであり、下手とは正対できないことである。
そのことは、下の概念図を見れば明らかである。

正対では、常に左右にパスコースが確保される。



これに対して、横を向くプレーやスラロームでは、自らコースを限定する。



正対では、常に左右にドリブルコースが確保される。



これに対して、スラロームでは、自らを苦しくする方向に進むか、大きな角度変化を行うしかない。



正対では、小さい角度変化で相手を抜くことができる。



スラロームでは、大きな角度変化が必要であり、途中守備者に近づくためカットされやすくファールされやすい。



どちらがよりよいプレーであるか、より上手いプレーであるか、自明である。

スラロームは、正対に比べて低いレベルのプレーである。

スラロームの欠陥は、正対を通してのみ改善される。

次回から、この点を詳しく見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター