週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563]
前回、チャンスにスラロームを行うことにより、それを逃す例を見た。

ここでも、同種のプレーを見る。




















この後、ドリブルで仕掛ける。














2人を相手にドリブルで仕掛け、最終的に自らのファールで終わる。
これは、非常に良くないプレーである。

この選手の取ったコースは、下の赤い矢印のようになる。



守備者とラインの間を動くスラロームである。

一度サイドのスペースに開いたことで、プレーに時間がかかり、最終的に2人の守備者に体の横を向けている。



このプレーにおいて、スペースに開くことは、時間を無駄にしただけであり、それにより守備者を増やした。
ここで仕掛けるのであれば、最初から青いコースを取った方がよい。



直線的に最終守備者に向かうことで、一対一で仕掛けることができる。

赤いコースは、中央のスペースを広げ、そこに味方を呼び込むプレーに向いている。
実際に、この選手が仕掛ける前、中央マイナス側のスペースに味方が2人、フリーの状態でいる。



その状況を作りながら、自ら無理に仕掛けて潰れる。

上の流れは、コース取りと最終的な選択が矛盾しており、それが下手なプレーにつながっている。

通常、このようなプレーに対しては、「判断が悪い」という評価がなされる。

しかし、スラロームを日常としている選手にとっては、これが自然なプレーであり、そのようにコースを取ることが当然となる。

これが最大の問題である。

これまで、スラロームの欠陥を見た。
一度それをまとめる



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター