週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567]
前回は、正対を挟むことによりスラロームが改善される例を見た。

今回も、同様のプレーを見る。

今、ボールを持った選手が赤い進路を取る。



これは、スラロームの進路であり、中央にスペースをつくることで、そこに入る味方を使うプレーに適している。



しかし、自ら仕掛け、ボールを失った。






この仕掛けの部分でも、体の正面が一番近い守備者よりも外側を向いている。
つまり、スラローム状態であることがわかる。










以上は、コース取りと最終選択が矛盾する下手な例である。

これを改善する手がかりとなるプレーを見る。



ボールコントロールからサイドに持ち出す。










ここまでのプレーは、スラロームである。
正対へ移る。







守備者の中心軸に向かって小さくボールを押し出す。
以後、正対から仕掛けられることで、守備者が完全に受身に回っている点に注目されたい。























中央の守備者と正対。




正対した相手に対して、左足を真っ直ぐ踏み込む。
















最初の段階で、サイドに流れて、中央にスペースを作る。





次に、正対から中へ切り返す。



中央にパス。



フリーの選手ができる。



計画的に作ったスペースを利用している。

最初に見たスラロームは、このような正対を利用することにより改善される。



ここから、相手に正面を向ければよい。



正対の後、縦へのフェイントを見せ、内側へ切り返し、中央の守備者と正対し、エリア方向へのフェイントから中央へパス。

これにより、コース取りとプレー選択の矛盾が解決される。

このようなプレーは、決して机上の空論ではなく、実際に行うことが可能である。

次回は、それを示唆する例を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター