週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568]
前回は、正対によるスラロームのコース取りの改善法を見た。
結論として、下のようなプレーが得られた。



これが実行可能であることを示唆する例を見る。

ボールコントロール





縦のスペースへ





切り返しから正対へ







正対から切り返し






内側の守備者に向かい、ボールを小さく突く。






アウトで切り返し







中央へパス













サイドの選手と正対後、中の選手と正対し、最後のパスへとつなげている。
最初に見た図と類似したプレーである。



違いは、後ろの選手が外から追い越しをかけている点である。



これにより、サイドの守備者が引きはがされた。



これは、保持者のプレーを助けている。
ただし、このプレーは、そのような補助なしでも可能である。

まず、サイドの選手と正対することで、受身に回らせる。



受身に回すとは、重心を後ろにかけさせる、半身の体勢にさせるなど、守備者のプレーベクトルを後方に向けさせることである。
その実例は、前回に見た。



縦フェイクを見せ、内側へ切り返す。



中央の守備者と正対し、ボールを相手に突くことで、受身に回す。




この状態では、サイドの守備者は、ボール保持者に詰め寄ることができない。



前に詰めることで、下がる中央の守備者との間に段差ができ、エリア内へと切れ込まれる。
よって、それを防がざるをえない。



保持者は、受身に回した正面の守備者との駆け引きのみに集中すればよい。

いわゆる上手い選手は、連続的に正対することにより、1対2の状況を1対1の連続に変化させることができる。
このため、プレーが安定する。
それを行うためには、正対が不可欠である。

スラロームの場合、以下のようなプレーになる。






これは、2人の守備者を一回の切り返しで抜こうとしている。
その意味で、純粋に1対2を行おうとしている。
当然、無理な切り返しを行わざるをえない。

このような角度の大きな切り返しは、どんなに優れた身体能力を持ち、どんなに優れた個別技術を持っていても原理的に難しいプレーである。
常に難しいプレーを選ぶようでは、その素質が十分にいかされることはない。

本当に上手いプレーをするなら、より小さな、無理のない切り返しにプレーを還元する必要がある。

スラロームを刷り込まれた選手は、下の二つを直接つなごうとする。




具体的には、間を抜くと見せて、大きくアウトで切り返す。



この時の、体正面の角度変化は下のようになる。




しかし、正対を挟むと以下のようになる。





この時の、体正面の角度変化は次のようになる。





スラローム的なプレーは、角度変化が大きい。



正対からのプレーは、角度変化が小さい。



次のプレーに問題なく移ることができるなら、切り返しは小さければ小さいほど良い。
より簡単なプレーをつなげる方が、常に簡単であり、ミスが少ない。
つまり、安定したプレーにつながる。

相手に正面を向けて向かい合うことは、自ら守備者に近づき、一見、次のプレーに移りにくい印象を与える。

しかし、そこで相手を受身に回してしまえば、守備者のすぐ横を抜くことができる。
パスにしてもドリブルにしても同じである。

これに比べ、スラロームは大きく相手を振るため、一見、次のプレーが有利になる印象を与える。
しかし、切り返しの角度が大きくなることをはじめ、様々な弊害を持つ。
それは、以前に見た通りである。
これから逃れるためには、正対を行うしかない。

ここでのプレーは、上手い選手、安定したプレーをする選手が正対を用いる具体例であり、正対することこそが上手さであることの実例である。

次もスラロームの問題点が正対によって解決される例を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター