週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[585] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569]
以前、スラロームにより、一度抜いた選手に追いつかれる例を見た。


















欠点は、横から詰める選手に対して横を向き、中に切り返すことが最初の守備者に近づくことにあった。









この解決例を見る。

今、白と黒のチームが左に攻めている。
センタライン上、画面上側の選手がボールを受ける。






保持者の前方に十分なスペースがある。
ここから向きを変え、中央の選手と向き合う。











ここでは、完全に正対状態にある。



正対から縦に切り返す。








前方の選手と正対する。





最初に正対した選手は、一度受身に回ったため追うことができず、地面に横たわっている。
ここから、サイドへパス。







これも連続正対である。

始めは、十分に前方のスペースのある状態であった。



それにもかかわらず、横へ動き、一度正対する。



これにより、サイドに追い込まれる危険を避けると同時に、前へ加速することを防いでいる。
その後、次の守備者と正対し、前方へパスを出す。
正対することは、相手に近づくため、危険なプレーに見える。

しかし、守備者を受身に回してしまえば、むしろ次のプレーが容易になる。

同様の例を見る。



ボールを持つチームは左に攻めている。
下図の白い矢印の先にボールがあり、オレンジの矢印の先に保持者がいる。



白い守備者に追いつかれる。



正対に移行する。






アウトでの切り返し。



次の守備者と正対する。




中への切り返し。




次の守備者と正対する。
以下、画面左の白い守備者の足がそろうことがわかる。
これは、正対されたことにより、それを受ける体勢に入ったためである。





サイドへパス。









最初は、サイドの狭いスペースから始まった。



これを次々と正対することにより、脱した。



典型的な連続正対であり、一対複数の状況を、正対により1対1の連続に還元している。

正対は、相手に近づくが、守備者を受身に回すことで、切り返した後に距離を空けることができる。
スラロームは、最初は相手から遠ざかるが、自分を不利な体勢に追い込むため、大きな切り返しなど、無理な技が必要になる。

相手に向かうことは、一見怖いように見えるが、サッカーにおいては正対した方がよいプレーを行いやすい。

ピッチ上で、守備者と正対する方が楽な選手を上手と呼び、そうでない選手を下手と呼ぶ。

下手を上手いに変えるには、途中で正対すればよい。



これにより、左右にパスコースが確保される。
パスをフェイントに縦に切り返し、次の守備者と正対すれば、また新しいパスコースが確保される。



連続的に正対すること、それにより、1対複数の状況を1対1の連続に変えることが、よいプレーをする鍵である。

正対から逃げる選手は、自ら厳しい状況を打開することができない。
それどころか、自ら厳しい状況に落ち込む。
そうなっては、いかに素質に恵まれ、いかに良い個別技術を持っていたとしても、実際の試合では役に立たない。

それが下手ということである。

これまで、正対こそが上手さの核心であり、下手を上手に変える鍵であることを見た。

次回は、サッカーの技術はどのように理解されるべきか、上手いとはどのように理解されるべきかを見る



Rg
無題
大変興味深く読ませていただきました。

そうすると、MaradonaとMessiの5人抜き(以下に参考動画URL)は基本的に正対であるのに対し、宇佐美の5人抜き(以下に参考動画URL)は一部スラロームと言えるでしょうか。宇佐美のドリブルは相手DFの間に向かうことにより相手DF2人に門を作らせてその間を突破しているというように勝手に思っていたのですが、、、。

参考動画

”Maradona Vs Messi”

http://www.youtube.com/watch?v=vokEFFCtpBY

”宇佐美 貴史 5人抜きドリブル”

http://www.youtube.com/watch?v=luNKnGLT2dU&feature=PlayList&p=412B5F2B654DEC1B&playnext=1&playnext_from=PL&index=2
y2010/03/03 19:19z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
マラドーナ、メシともに、最初の2人はスラロームに分類可能です。
後の3人は正対です。
マラドーナについては、後に分析する予定です。

”宇佐美 貴史 5人抜きドリブル”についてですが、画像が以下にあります。
http://c60.blog.shinobi.jp/Entry/579/

どの部分をスラロームと認識され、どの部分を正対と認識されておられるのか、お教えいただければ、より正確にお答えできるのではないかと思います。

ご返答いだければさいわいです。

興味深い動画を教えていただきありがとうございます。
y2010/03/10 00:19z
無題
お返事ありがとうざいます。論理的な解説にいつも「なるほど!」などとつぶやきながら読ませて頂いております。

宇佐美の5人抜きの動画でスラロームのように思われるのは、

(A)最初に二人のDFの間を抜ける前にこの二人の間を目指しているように見える部分(画像1-3)と

(B)最後の二人のDFの間を抜ける前にこの二人の内の一人と正対することなく避けているように見える部分(画像4の終わり-5の始め)です。

マラドーナについて、後に分析されるとのこと楽しみにしております。
y2010/03/12 18:25z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
正対とスラロームついては、ほぼおっしゃる通りだと思います。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

最後の部分のドリブルに気になることがあってかなり確認したのですが、この画像で見る限り、スラロームであるといわざるを得ません。

別の角度の画像があればよりはっきりとしたことがわかったのではないかと思います。

マラドーナについては、こちらをご覧下さい。

またなにかありましたらお寄せ下さい。
y2010/06/29 20:49z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター