週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[580] [586] [579] [585] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572]
前回は、維持正対までを見た。ここでは、前進正対からを見る。




・前進正対

前進正対とは、自ら守備者に向かい、正対状態をつくりだすことを指す。



具体的には、以下のようになる。










自ら相手を求め正対する。

下のプレーも同様である。










一切逃げずに、自ら守備者と正対する。

以上は、相手がいる場所そのものを目指して正対する前進正対である。
また、前進正対の一種として、自分の動くコース上に進入してくる相手と向かい合う正対もある。



これを進入正対と呼ぶ。


・進入正対

前を向いた状態から、斜め中央へと進路を取る。






このコース上に、守備者が侵入してくる。
これに対し、進路を変えずに進む。






進入してくる相手と正対直前にある。



右へのドリブルフェイクから切り返し。








この進入正対は、ドリブルと絡めて使われることが多い。
これは以下の理由による。
守備者は、ボールの移動軌跡上で止まろうとする。
その止まろうとする瞬間にフェイントを合わせることで、相手を大きく振ることができる。
このため、逆に抜けた後、相手に追われることが少ない。

進入正対は、相手との正対直前に技をかけて抜くことに適している。

次に、正対において最も重要な主導正対を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター