週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564]
ここまで、スラロームという行動を定義し、その弊害を見て来た。
それをまとめる。

スラロームの定義

スラロームとは、相手に体の横を向けながら、守備者と守備者の間、もしくは、守備者とサイドラインの間にあるスペースへと動く行動を指す。





スラロームの欠陥

スピードが上がりやすい
 次のプレーが不正確になる

・ポジション、体勢が苦しくなりやすい
 サイドに追われやすい
 サイドラインを向きやすい

切り返しの角度が大きくなりやすい
 自らバランスを崩しやすい
 転倒しやすい
 守備者を振り切る効果が薄い
 ファールを受けやすい
 軽いファールでプレー続行不可能になる
 自らバランスを崩すがゆえに、ファールで笛が鳴りにくい

切り返しにより自ら守備者に近づきやすい
 ボールをカットされやすい
 ファールを受けやすい

攻撃に不適切なコースを取りやすい
 時間を無駄にする
 スペースを無駄にする
 プレーに大きなスペースを必要とする
 すぐに横を向くことで自らワンサイドカットにはまる
 重要なスペースから、無駄なスペースへ動きやすい


これらはすべて、サッカーをプレーする上で障害となる。

次回は、この解決法を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター