週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [555]
前回、スラロームという行動を定義した。

ボールを持ち、相手に体の横を見せながら、守備者と守備者の間、もしくは、守備者とサイドラインの間にあるスペースを動くプレーである。

ここでは、もう1つの典型例を見る。(映像出展:http://www.youtube.com/watch?v=euMu1SKi-ak

以下の図において、赤いチームは、右側に攻めている。
今、画面右端の赤い選手がボールを受ける。































移動の方向は以下のようになる。









守備者と守備者の間へ移動する。
これは、スラロームの定義と合致する。

ここでは、同じスペースをぐるぐると移動しているため、プレーの全体としては、自らフィールドポジションを悪くする、自ら体の向きを悪くするという弊害は見られない。



しかし、広いスペースが必要である点は変わらない。



前回の選手よりは狭い範囲でプレーしている。
しかし、ペナルティーエリアと比較すれば、十分に大きい。



その他の特徴として、切り返しの角度が大きい点が挙げられる。

・切り返しの角度1





・切り返しの角度2





・切り返しの角度3





90度、もしくはそれ以上のものが見られる。

スラロームは、人の間から人の間に移動する必要があるため、角度変化が大きくなりやすい。

このようなプレーは、一見、ダイナミックで人目を引く。
しかし、原理的に様々な弊害を持つ。

次にそれを見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター