週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[561] [560] [559] [558] [557] [555] [554] [553] [552] [551] [550]
前回は、ハーフライン付近、組み立て段階での下手の例を見た。
ここでは、よりペナルティーエリアに近い位置での下手なプレーを見る。

今、白いチームは、左へ攻めている。
中央やや右下の選手がボールを受ける。



コントロール後、連続的に左旋回し、簡単に横を向く。












サイドへパス。












サイドでコントロール。




最初の状態は以下のようであった。



ディフェンスラインの前で、フリーでボールを持ち、ゴール方向を向き、前に3人のターゲットがいる。

これは、攻撃において、極めてよい状況である。

にもかかわらず、下の形で終わった。



中央の非常に価値の高い状態から、サイドのつまらない状態で終了している。

簡単に横を向く選手は、攻撃ゾーンでの良い状況を、平凡な状況に変えてしまう。

このようなプレーは、下手であるといわざるをえない。

ここでも、下手の原因は、簡単に横を向くということである。
つまり、下手とは簡単に横を向くことである。

このような癖のある選手は、どんなに身体能力に優れ、どんなにキックが上手くても、ただの下手である。

なぜなら、持っている個別技術を発揮しづらい状況に自らを追い込むからである。
これは、もっている素質が試合で無意味になるということにつながる。

このような癖を持った選手は、決して、本当の意味でサッカーをプレーすることはできない。

コーチ、監督であれば、それを改善しなければならない。

次回は、この「下手」という状態がどのように解決されるかを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター