週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[559] [558] [557] [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549] [548]
「さて」

「前回は、マルセロは準備動作をつくるタイミングがわかっていない、というお話だった」

「今回は、動き出す前の体勢を見てみよう、ということやな」

「では早速」

「画面一番手前の白い選手がマルセロで、左側に攻めている」

「ボールを待って動き出すまでの一連の流れをまずは通してご覧下さい」



















「もっとも沈み込んだ状態はこう」



「マルセロのこのような体勢は、異なる場面でも見られる」

「例えば守備では下のようになる」

「ニアポスト横にいる選手がマルセロ」












「もっとも沈み込んだ体勢は下のようになる」



「さらに別の守備機会」











「もっとも沈み込んだ体勢は下のようになる」



「三つまとめると下のようになる」





「おそらく、ここまで大きく足を開き、腰を落とし過ぎてしまうと、かえって動きにくくなる」

「通常、下のような体勢でよいと考えられる」



「マルセロは、準備動作のタイミングがわかっていない、ということは確実に言えて、おそらく準備の体勢そのものも最適化されていない」

「そして、この二つのことがあれば、マルセロのプレーについてあらかた説明がつく」

セビージャ戦で、いかにマルセロが守備に不向きであるかを見た」

「マルセロの癖として、パスで簡単に裏を取られるというのがある」





「準備動作ができていなければ、これは当然で、動き出しが遅くなる分、裏を取られやすくなる」

「さらには、相手がボールを持った瞬間に、ポジションが異常にずれていることがある」



「これは、パスカットに出ようとしたが、準備動作ができていないためボールに触れなかった、と考えれば説明がつく」

「さらに、マルセロがドリブルに対して非常に弱い点も納得がいく」

「まず、準備動作が正しくなければ、ボールを受ける選手に対して詰めが遅れる」

「詰めが遅れるということは、後手後手に回ることを意味しており、守備で不利になることはさけられない」

「おまけに、準備動作が最適化されていないことは、変化への対応が遅れることを意味しており、フェイントや仕掛けに対して弱くなる」

「そうなれば、下のように抜かれることも当然である」






「当然ポジショニングなどのその他の要素も関係するが、準備動作が正しくできないということが、マルセロの下手なプレーに大きな影響を及ぼしていることは疑いがない」

「以上が、クラシコからオサスナ戦までを見て、”なぜマルセロはサッカー選手ではないか”という疑問に対して得た答えの一つである」

「そうなんか」

「そりゃ、動き出しが少しずつ遅れるというのは、サッカーにおいて致命的で、守備では上で見たような数々の欠陥につながるし、攻めにおいても、余裕をもって追いつくはずが追いつけない、余裕がなくなるからパスが適当になる、エリア内ではほんの0.1秒稼げば点になるのに、自分で時間を失っては点になるものもならない」

「いいことがないのは確かやな」

「ピッチ上で、下の体勢で待つことに違和感を覚えない時点で、サッカー選手としておかしい」




「しかし、おかしいおかしいと言うが、わりとこの点は、みんな抜けがちなのではないかね」

「うむ」

「きちんと準備しているようで、実は適当になりがちでもある」

「マルセロのこの癖に気づいてから、自分でも反省して初心に返ってみたら、ゴール前での反応などが確かによくなった」

「つまり、いい加減になってたということやろ」

「まさしく」

「人の振り見てわが振りなおせという話やな」

「しかし、マドリーにそんな選手がいても困るやろ」

「どんなレベルでも起こり得ることだから、日々注意していかないかんというお告げと違うか」

「まあ、どんなに戦術を整備しても、これがきちんとできないチームがあるとすれば、それはゴミ程度の価値しかない」

「ちなみに、準備動作がマニアのように上手い選手としては、ロマーリオがあげられる」

「下のモデルやな」



「お気づきの方もおられるように、この絵は、有名なコラ・デ・バカの前段階で、グァルディオラのパスを待つ場面である」

「コラ・デ・バカという派手な技をできるのは才能であり、常に準備動作を怠らないということも同じほど非常に重要な才能であると言える」

「今のレアル・マドリーで言えば、シャビ・アロンソが非常な準備動作マニアやな」

「彼とマルセロと比べながら見ると、違いが際立って興味深い点が多いのではないかと思われますので」

「ぜひご覧いただければと」

「また、実際のプレーも、この点をより意識するだけで違ってきますので」

「ぜひ点検していただければというところで」

「また次回」

「ごきげんよう」

Rg
ロナウドの場合は?
唐突ですが、ロナウド(ブラジル)の準備動作についてどう思われますか?

彼は準備動作をとっていない状態からですら、いきなりDFをぶっちぎっていた記憶があるのですが・・・。
そうした準備動作を伴わない(あるいは最小の準備動作で始まる)プレーが可能な点が、彼の美点だったように思います。静から動への切り替えが著しいというか・・・。

動画等で彼のプレイを確認したかったのですが、いかんせんドリブル動画ばかりで確認できませんでした。よって、このコメントには具体的な証拠がありませんが・・・。
y2010/01/19 12:23z NAME[a] WEBLINK[] EDIT[]
Re:ロナウドの場合は?
てっきりクリスティアーノ・ロナウドのことだと思い、一度それで返信をしてしまいました。

ロナウドについては、こちらにありますのでご覧下さい。
y2010/06/29 20:46z
無題
記事を興味深く拝見しました。

が、それでなおレアル・マドリードでレギュラーを獲得し、なおかつ今シーズンここまでアシストランキング1位です。

マルセロの「良さ」という観点で見れば、準備動作の不足を補うどんな面があるとお考えでしょうか?
y2010/01/29 02:15z NAME[y] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
マルセロがマドリーにいるのは、ミヤトビッチ時代に馬鹿な補強をしていた名残です。
新体制になっても残っているのは、おそらく、そこまで変える資金が残らなかったからです。

マルセロのアシストが多くなる可能性があることは、彼のプレーの特徴から必然として解釈されます。
この点については、いずれ触れることがあるのではないかと思います。

準備動作が下手でも、なんとなくプレーできるのは、瞬発力に優れているからです。
動き出しが遅れても、カバーできる場面が増えます。
ただし、相手のレベルが上がれば上がるほど苦しくなります。

以上でお答えになっていますでしょうか。

今後ともよろしくお願いします。
y2010/03/10 00:23z
無題
私もマルセロのプレーの質はレアルに相応しくないと思います。技術面だけでなくメンタル面でもカカとは比べ物にならないほど低いレベルです。
なぜこんなレベルの低い選手をかつて獲得したのか理解できません。
なぜレベルが低いのかが今回の記事でよく理解できました。有難うございました。
フロントも監督も交代したのだから、さっさと放出してもっと有能な選手(左サイドバック)を補強してほしいですね。それをやらないのはフロントの怠慢としか言いようがないです。
y2010/02/08 18:03z NAME[Spain Soccer] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
yさんにもお答えしたように、資金が残っていないのだと思います。

準備動作すらできずに、どうにかプレーできているということは、それさえできればはるかに良いプレーができることを意味しています。

もったいのない話だと思います。
y2010/03/10 00:18z
マルセロ
コメントします。

上のspain soccerさんのコメントの通り、なぜマルセロをマドリーが獲得したというのは分かったのですが、そもそもマルセロはなぜプロになれたのでしょうか?
y2012/01/10 20:43z NAME[ロンド] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター