週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[560] [559] [558] [557] [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549]
サッカーにおいて、「上手いけど試合で力が発揮できない」「技術はあるのに試合になるとそれを発揮できない」といった評論をよく目にする。

しかし、技術とは、本当の試合で使うことができて初めて真の技術である。
それができない選手は、本質的に下手といわざるを得ない。
このような評論が存在すること自体、サッカーが上手いという概念に対して誤解と混乱があることを示している。

ここでは、サッカーが下手であるという点について、純粋に技術面から明確な定義を試みる。
また、その逆に、サッカーの上手さについても明確な定義を試みる。

このサイトをよくご覧になる方のために書き添えるならば、以下は、これまでに見た、「2006年ドイツワールドカップにおける日本代表の欠陥」、「正対と組み立て」、「正しいインサイドキックとは」から発展したものである。

まず、はっきりとした下手なプレーを見ることにより、その原因を探る。

次の図において、白いチームは右へ攻めている。
今、画面上部の白い選手がボールを受ける。





ボールをコントロールする。



コントロール後、体が連続的に左方向へ旋回する。






この時点で、体正面は完全にサイドラインを向いている。
ここから、大きく前へ蹴り出す。











相手に奪われる。




コントロールの時点では、周囲に十分なスペースがあり、相手との距離も十分であった。



ここから、完全なミスパスで相手にボールを渡す。




明白に下手なプレーである。
ここでの根本的な問題は、簡単に横を向くことにある。

始まりは、下のようである。



ここから即座にライン側を向いたため、相手を呼び込み、パスコースが限定された。



このような状況では、どんなにパスが上手くとも、有効な形で味方につなぐことは難しい。
つまり、サイドラインを向き、自ら状況を苦しくしたとこで、正確にボールを蹴る技術が活用されにくくなった。

上の流れにおいて、下手の正体とは、簡単に横を向く、ということである。

これと良く似た例を次に見る。

今、白いチームは画面左へ攻めている。
画面右、センターサークル外側の選手から画面手前側へパスが出る。




コントロール








この時点で、体正面は完全にサイドラインを向いている。





キックフェイク





インパクト







最終的にボールを外に蹴り出す。

コントロールの時点では、周囲に十分なスペースがあり、相手との距離も十分であった。
また、中央に目を転じれば、複数の味方が見受けられる。



しかし、すぐに横を向いたため、パスコースが限定された。



さらに、相手から逃げるために後ろに下がる。



これによりプレーが苦しくなり、外に蹴り出した。



コントロール時点と、プレーの終了時点を比べると以下のようになる。




この選手は、十分に余裕のある状態でボールを受け、中にいくつものパスコースがある状態で外を向き、ボールを外に蹴り出した。

非常に不満の残る結末であり、このようなプレーは下手といわざるを得ない。

これも、最初のプレー同様、寄せていくる相手に対して、簡単に横を向いた。
それにより、自ら困難な状況に落ち込んだ。

簡単に横を向くことがいかに馬鹿げたことであるか、以下に概念図を見る。

一般にプレスと呼ばれる守り方がある。
その一例は、次のようになる。



ボールを持つディフェンダーに片側を切りながら詰め、サイドへのパスを誘発する。
ライン際のもっとも狭いスペースに追い込み、ボール保持者に横を向かせる。



この体勢では、前へのパスコースが極めて狭い。



守備は、それを狙い打つことでボールを奪い返す。

上で見た簡単に横を向く選手は、守備側がそのような苦労をすることなしに、自ら望んで下の状態に入る。



つまり、中央でプレスをかける部分は必要ない。



一人に詰められると、周囲にスペースがあるにも関わらず、簡単に横を向き、ずるずると体勢を苦しくしながら蹴り捨てる。




これが下手の正体である。
つまり、「サッカーが下手である」ことの理由は、簡単に横を向くことである。
言葉を変えるならば、簡単に横を向くことこそが下手ということである。

これは、よりペナルティーエリアに近い場所でも同様のことがいえる。

次に、それを見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター