週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[552] [551] [550] [549] [548] [544] [547] [546] [545] [537] [543]
サッカーに、「組み立てが上手い選手、下手な選手」という言葉を良く耳にする。
組み立てにおいて上手いとはなにか、下手とはなにかを以下に見る。
結論としては、組み立てが上手いとは、「相手と正対してプレーできる」ということである。
正対とは、体の正面を守備者に向け、相対することである。



また、インサイドキックをパターのように蹴る選手は技術的に相手と正対することが難しくなる。
このため、自動的に組み立てが下手になる。




このように蹴る選手は組み立てが下手であり、チームの穴として相手に利用され味方に害をなす。
その実例も見る。


組み立てについて、良い例、悪い例

組み立てが下手な選手は以下の特徴を持つ。

-パスを出した先で、受け手と守備の距離が近い
-次のプレーへの移行に困難を生じるパスを出す
-余裕のある状態を余裕のない状態へと変換する

良い例と悪い例の比較によりそれを見る。


組み立てにおける非常に悪い例

組み立てにおける、非常に悪い例を見る。また、その改善法を探る。


組み立てにおける良い例

組み立てにおける非常に良い例を見る。体の正面を相手に向け、距離を保つことが大切である。。
相手と向かい合うことは、組み立てのみならず、サッカーにおいて最も大切な行動である。


相手と正対する実例

一番近いディフェンダーに対し、正面から向かい合ってレーできるか否かは、サッカーの上手下手を決定する最も重要な要素である。
ここではきちんと正対する選手の実例を見る。


相手との距離を保つ、無理につめる相手をかわす

正対して相手との距離を保つ方法を見る。基本は、左右へのパスを見せればよい。
また、正対におけるパッシブなドリブルの重要性について見る。


正対した場面で簡単に使える技

相手と正対した場合、ボールを取られる恐怖が生じる。
それを取り去るのは、正しい技術と経験である。
正対状態から簡単に使える技術をいくつか見る。
同時に、育成における注意点も見る。


パスの方向を変える技術 インサイドからインサイド

正対した場合、相手の左右にパスを蹴り分ける技術が必要になる。
逆に、これ無しでは正対できない。


相手を向くのは恐くない

ディフェンスが相手と正対する場合、ボールを取られて失点する恐怖が先に立つ。
しかし、正対を避けてプレーする方が守備的にも危険である。


個人技術、正対からスルーパス、相手を向くのは恐くない

正対技術の最もよい例の一つを見る。


個人技術 組み立て、踏み込むことで相手を止める、アビダル1
個人技術 組み立て、踏み込むことで相手を止める、アビダル2

上で、組み立てにおける非常に悪い例として見た選手が技術的に改善された例を見る。
相手と向かい合うことがいかに大切であるか、その実例である。


以下は、組み立ての下手な選手が、チームの穴として利用された実例である。
文体は会話調なので注意されたい。

0809スペインリーグ15節 バルセロナ 2-0 レアル・マドリー

正対できない選手は、攻撃においてチームの弱点となる。
相手は、正対できない選手にボールを持たせることにより、楽に守ることが可能になる。
その実例を見る。


ユーロ2008 ドイツ 3-2 トルコ

正対できない選手、組み立ての下手な選手を意図的に空ける守備の実例である。
正対できず、組み立てが下手な理由は、インサイドキックをパターのように蹴るためである。
この点については、「正しいインサイドキックとは」を参照されたい。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター