週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435]
相手と正対することでワンサイドカットを崩し、スルーパスにつなげる例を見る。

画面中央の選手へパスが出る。





パスを受けたあと、ドリブルで左サイドへ流れ続ける。
この時、赤い守備者が1人、中央へのパスとドリブルを切りながらついていく。








ここから中へ切り返し、一番近いディフェンダーと正面から向き合う、いわゆる正対状態になる。






上の図では、完全に正対状態にある。
カットされていたピッチ中央方向が切られておらず、ワンサイドカットが破れている。

相手に近づいた後、縦にスルーパスが出る。







また、上の流れにおいて、ワンサイドカットしていた選手の後ろの守備者も正対状態に移った後、足を止めていること、それを利用してフォワードが裏へ抜け出していることを確認されたい。


スルーパスの蹴り方。







ここまでの動きは、ドリブルの場合とほとんど差がない。










ディフェンスは、パスに対して反応することなく横を抜かれている。
上の技術は、歩くような踏み出しからインサイドで蹴るものである。
正対して、距離を詰めた状態から、軸足側にパスを出す場合に多用される。
この場合、ジダンは、この技術の裏づけがあるから、正面より距離を詰めて行くことができる。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター