週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]
今、イエーロにバックパスが出て、それにエウベルがプレッシャーをかける。





この状態で、イエーロの右側と後方にスペースがある。
しかし、ここから、前に踏み込む。











上の図において、体の正面を相手に向けて、その方向に踏み込んでいるのがわかる。
これにより、前に出てくる相手を止めることがでる。



イエーロがボールを右にコントロールした後である。
プレッシャーをかけた赤い選手、エウベルの足に注目していただきたい。
両足が横にそろっている。
これが、相手の前進を止めた証拠である。
前に出るためには、足は前後に動かねばならない。横にそろった状態で前進することはできない。
このため、ボールを持っている選手は、相手との距離を保つことができる。
前回の悪い例では、それが欠けていた。

以下の流れにおいて、一度相手の前進を止めたため、適切な距離が保たれていることがわかる。













最終的に、中盤にボールが渡る。

上のプレーの鍵は、下のようにあらわされる。

一度相手に向かう。



相手は、両足を揃えてとまる。



これにより、相手との距離が保たれる。

下の例は、下がりながら、一度体を前に向けることにより相手を止め、パスフェイントから逆に抜ける。

体を前に向け、フェイントを複合させることで、寄せてくる相手を牽制し、距離を保っていることに注目されたい。



























体の正面を相手に向け、距離を保つ。この技術は、組み立てのみならず、サッカーにおいて最も大切な技術である。
次に、この点を考える。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター