週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364]
スペインのサイドハーフの動きについて、以下のようなメールをいただいた。

---引用ここから---

前略

検証をお願いしたい記事があります。

http://www.bunshun.co.jp/mag/numberplus/index.htm
の「核心はサイドハーフにあり」という記事です。筆者は杉山茂樹氏ですが、恐ろしいほどの4-2-3-1信奉者で、「サイドを制するものは試合を制す」という言葉が必ずあるほどです。要点としては、今大会はどちらのサイドハーフが活躍するかが試合の趨勢を握っていた、ということのようですが、いまいち合点がいきません。相手のミスを突いたものや、カウンターで決めたものもあります。

それに、同記事では準決勝ロシア戦での交代をこう評しています。

「なにより攻撃に流動性が生まれた。攻撃の幅が保たれたことで、逆に中央にスペースができ、ロシア選手が敷く守備網も自ずと広がった。間隙を突きやすい状態になったのだ。流動的なサッカーを目指しても、幅の設定を怠ると逆に流動性は低下する。それをせずに自由に動き回れば、選手は中央に乱立しやすいのだ」

確かに、一部分当たっている面もありますが、そもそもロシア戦では最初からロシア守備陣は崩壊しており、このような説明が妥当するとは思えません、

http://news.livedoor.com/article/detail/3686054/
http://news.livedoor.com/article/detail/3680685/
http://news.livedoor.com/article/detail/3706592/
http://news.livedoor.com/article/detail/3712379/

主な記事の内容は、現地観戦記をまとめたものですから、この上に挙げた記事を抽象化したものと考えて差し支えありません。

後略

---引用ここまで---

実際の雑誌の記事を読むことはできないので、上のWEBページから、疑問にあるサイドハーフにかかわる部分を引用する。

---ロシア戦に関する文章の引用ここから---

http://news.livedoor.com/article/detail/3706592/
 それが一転したのは、前半37分。ビジャが故障で退場したことがきっかけだった。代わって投入されたのはセスク・ファブレガス。中盤が4人から5人に増え、中盤乱立の傾向に、いっそう拍車が掛かるものと思われた。

 驚いたのは、それがそうならなかったことだ。中盤はむしろワイドに広がった。

 セスク・ファブレガスが交代する相手は、これまで決まってチャビだった。4人という中盤の人数には変更がなかった。それが、ロシア戦では5人になった。両サイドハーフのイニエスタとシルバは、中盤選手が3人もいる真ん中に入っては、さすがに具合が悪いとのだろうか、それまでとは異なり、サイドのポジションを維持しようとした。サイドハーフ同士でポジションチェンジは行ったが、真ん中に入ることを避けるようになった。

 つまり、5人の中盤はピッチに綺麗に広がった。必然、幅が保てるようになったので、中にもスペースが生まれた。ロシア選手の間隙を突く流動性も生まれた。

-----ロシア戦に関する文章の引用ここまで---

これを概念図であらわすと次のようになる。
セスクの投入前は下図のようである。



これが、サイドの中盤が中央に寄った場合である。
サイドが中に入ることで、ディフェンスを中央に寄せてしまう。
その結果、中のスペースが狭くなり、パスを通す空隙もなくなり、前線が動くスペースもなくなる。
http://news.livedoor.com/article/detail/3686054/
においても、1-4-2-2-1-1という形で同様の指摘がなされている。

これに対し、セスクが入った後の概念図は、下のようになる。



図中のファブレガスは、セスクと同一人物である。
シルバ、イニエスタが両サイドに開き、守備陣がサイドに引っ張られる。
その結果として中央が空き、そこにパスが通りやすくなる。
また、それを受ける選手も動きやすくなる。

ロシア戦では、34分にビジャが負傷し、セスク・ファブレガスと代わる。
(引用文中では、37分となっているが、UEFAには34分と記されており、実際にも34分である。)

この際に、最初の図から、二番目の図にいたる変化が起き、それに伴いスペインの攻撃が上手くいくようになった、というロジックだと理解される。

次にドイツ戦に関する記事を引用する。

---ドイツ戦に関する文章引用ここから---

http://news.livedoor.com/article/detail/3712379/
 しかし、スペインに対する心配は、杞憂に終わった。4-1-「4」-1の布陣を敷くスペインは、準決勝同様、サイドハーフがキチッと幅を保つべきポジショニングに徹したのだ。だから、真ん中が空いた。逆にそこにスペースが生まれた。決勝ゴールはその産物と言える。

---ドイツ戦に関する文章引用ここまで---

これは、上で述べたセスク投入後の図にあるように、サイドの選手が横に開き、そのことが決勝点を生んだと理解される。

以上を受け、下の3点を検証する

・ロシア戦のセスク投入後、サイドハーフのイニエスタとシルバは横に開いたか
・開いたことにより中央にスペースが生まれたか
・決勝、ドイツ戦の得点は、サイドハーフが横に開いた結果か

まず、「ロシア戦のセスク投入後、サイドハーフのイニエスタとシルバは横に開いたか」とう点について検証する。

ビジャが退場し、セスクが投入されたのが34分であり、スペインの得点は50分に生まれた。
その間の16分間について、スペインがボールを保持している場合のサイドハーフの位置を確認する。
実際には、前半のロスタイム1分を含むため、17分間である。
この間に限る理由は、スペインがリードした後は、ロシアが前に出る。
このため、それ以前とは試合の様相が異なるためである。

以下の図の左上の数字は、時間を表す。
36:23は、36分23秒を意味する。
名前の長い選手は、最初の3文字で表す。イニエはイニエスタであり、カプデはカプデビラである。
スペインは、前半、左から右に攻めている。



上は、セスクが中央でボールを持っている。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。



上は、シャビが自陣でパスを出した瞬間である。
シルバはセスクと重なる位置におり、サイドに開いていない。



上は、セスクがパスを出した瞬間である。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。



上は、セナがパスを出した瞬間である。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。



上は、セスクがサイドに流れてボールを受けた状態である。
シルバは中央でイニエスタと重なっている。



上は、シャビがボールを保持している。
イニエスタは中央におり、サイドに開いていない。



上は、二つ上の図の続きである。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。



上は、シャビがボールを保持している。
イニエスタは中央におり、サイドに開いていない。



上は、二つ上の図の続きであり、シルバがボールを保持している。
シルバ、イニエスタともに中央におり、サイドに開いていない。



上は、セスクがボールを保持している。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。

次の図から後半に入る。
スペインは、右から左に攻めている。



上は、セナがボールを保持している。
シルバは中央におり、サイドに開いていない。



上は、セスクがボールを保持している。
イニエスタは中央におり、サイドに開いていない。

以上のように、サイドハーフが中央に位置する状態が数多く見られる。

「ロシア戦のセスク投入後、サイドハーフのイニエスタとシルバは横に開いたか」という問に対しては、否と答えざるを得ない。

また、それは、得点シーンにもよくあらわれている。

スペインは、右から左に攻めている。



上の図で、セナからシャビにパスが出る。



上の図は、シャビがボールを受けた瞬間である。
一番外側の中盤を基準に線を引くと、下のようになる。



シルバ、イニエスタは中央に寄り、セスクも中央に寄っている。
中盤より前の6人が、中央の非常に狭いスペースに密集していることがよくわかる。

ここからイニエスタが外に開く。





この後、イニエスタが前方にドリブルし、内側への切り返しから、中央のシャビに送ってゴールが決まる。

スペースのできかたとしては、中央に選手を集める、サイドが空く、サイドにボールを送る、中央が空く、という流れになる。
これは、サイドに開く、中央が空く、中央にボールを送る、という流れとは逆である。

スペインがボールを保持しいている場合に、シルバとイニエスタがサイドに開いているシーンには下の3つがある。






(45分とあるが、実際には前半のロスタイム1分12秒。後半と混同しないため、45分と表記する。)

しかし、ここからチャンスになった事例はない。

以上のことから、ロシア戦のセスク投入後、サイドハーフのイニエスタとシルバは横に開いていなかった。むしろ、中央に寄る場面が多かったことがわかる。
「中盤はむしろワイドに広がった。」という表現は誤りである。

「開いたことにより中央にスペースが生まれたか」という問に対しても、否と答えざるを得ない。

次に、「決勝、ドイツ戦の得点は、サイドハーフが横に開いた結果か」という点について考える。

続きは、こちら

Rg
無題
僕は中学でサッカー部に入っているのですが、ポジションはサイドハーフです。サイドハーフは同サイドにボールがあるときはライン際まで張って、逆サイドにボールがあるときは中に入るという動きでいいですか?
y2012/01/17 21:57z NAME[セスク] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター