週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[429] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491]
組み立てにおいて、相手と正対し、距離を保つことが重要であることを見た。(参考

また、距離を保つために、相手の方向へ踏み込み、プレーのベクトルを前に向けることが重要であることを見た。(参考

それができない場合、すぐに体勢を悪くしてしまい、次のパスを受ける味方に困難を押し付けることになる。(参考)

具体的には、下のようになる。



今、サイドライン際で、赤っぽい選手がボールを持っている。
チームは右に攻めており、オレンジの線で示されるように、詰めてくる青い選手とは十分な距離がある。
にもかかわらず、ボールを持った選手は、後ろにターンすることしか考えず、そのままバックパスを行う。



パスを受けた選手は、後ろ向きの上、相手からより近い位置でプレッシャーを受けている。これは、組み立てとして非常に悪い。

これを防ぐためには、体の正面を相手方向に向け、左右へのパスを見せることで、出足を止めなければならない。



この時、前へ踏み込む動作を見せることが重要になる。

以下において、前から詰めてくる相手を、踏み込みからのパスフェイクによって止める例を見る。

パスを受ける。




一度、体の正面を、詰めてくる相手へ向ける。




前へ踏み込み、パスを見せる。






モーションをキャンセルし、体を開く。




踏み込みを見た守備者は、一度両足を揃える。これにより出足が止まる。



パス動作を再び開始する。





足をひねりながら、蹴り足方向へ蹴る。







守備者の横を抜ける。






上の2つの例、最初の悪い例、次の良い例ともに、同じ選手がモデルである。

以前は、相手陣、下の状態で相手に詰められ、簡単にバックパスをしか考えなかった。



同じ選手が、自陣で相手に詰められ、きちんと踏み込むことで相手を止め、味方につなぐようになった。
これは、非常な変化である。

同様の行動が、同じ試合の別の場面にも見られる。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター