週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488]
「さて」

「最近なにかと話題のバルサはレクレと対戦」

「先発はこう」



「レクレは、1-4-5-1」

「この配置を見ると、あるチームを思い出す」



「その名も、バイエルン・ミュンヘン」

「先週のチャンピオンズリーグ、カンプ・ノウで4-0と大敗した」

「実に不思議な試合だった」

「バイエルンが、何を求めていたのか、さっぱりわからないという意味では、確かに不思議だった」

「大きな謎の一つは、マルケスに対する対応やな」

「バルサを相手にする時は、まずここを押さえないと話しにならない、というのは良く知られている」

「ところが、バイエルンは彼を放っておいた」

「どのぐらい放っておいたか、というのが下の流れになる」

「まず、左側でマルケスがボールを持っている」



「誰も守備にこないので、どんどんドリブルで進む」



「ハーフライン手前に到着」

「まだフリー」

「ついにハーフライン突破」



「さすがに人が近づいてくる」

「しかし、十分距離があるので、落ち着いて前方へパス」

「エトーに渡る」



「ボールをキープしたエトーに正面を向いた選手がフリーでフォローする」

「ディフェンスとしては最悪やな」

「引いて守っているくせに、ディフェンスラインの前にとんでもないスペースを残している」

「実に不思議である」

「このような流れは、1回限りではない」

「下では、またもマルケスがフリーでハーフラインを越える」



「縦にパス」



「戻して、サイドにさばく」



「その結果」



「アウベスが文字通りドフリー」

「ゾーンに対するアウト・イン・アウトのような形になっていて、流れとしては理想的やな」

「攻撃としては、なんにも難しいことをしていないのに、非常に良い状況を迎えている」

「守備側としては、バルサのストロングサイドは、右で、そこを押さえなければならない」

「ところが、マルケスをフリーにした上に、右サイドもフリー」

「まことに謎である」

「次もマルケスに対する守備」

「今、ボールを持ったマルケスが中央方向へ進む」



「この時点で、寄せるディフェンスと大きな距離がある」

「中にパスを出すフェイクから、軽く外へ切り返す」



「縦へパス」



「見事に間を抜けて」



「縦へ転がり」



「味方につながる」



「この時点で、バルサの選手は4人」

「ディフェンスは、4人とセンターサークル内に1人」

「たった一本のパスで、4対4.5を作られては、ディフェンスはなにをしているのかわからない」

「ここでも、マルケスは別に難しいことをしたわけではなく、十分に余裕のある状況でパスを出している」

「プレスともいえないプレスで、中がバラバラというのは、なんとも理解し難い」

「バイエルンは前から行きたいのか、後ろで守りたいのか、その点からしてようわからん」

「詰めるにしても中途半端やしな」

「似たようなことが、ピケの側でも起こる」

「詰めてくるバイエルンの選手に対し、パスをピケに戻す」



「前に出た選手は、そのまま詰める」



「ところが、まったく届かない」



「おまけに、一番出しやすいパスコースが空いているので、ピケはそこを通す」



「その結果、下のようになる」



「ひどい話やな」

「前に出た選手のすぐ横を通され、その先にいる選手が文字通りドフリー」

「さらに酷いことには、パスを受ける選手のすぐ横に、前をむいたフリーの選手がいる」

「結局、簡単にターンされ、下の状態になる」



「右サイドへのパスが出し放題の状況で、その先にはメシかアウベスがいる」

「困ったな」

「確かに」

「このような形のよくわからない守備というのは、以前にも出てきた」

ユーロ2008ロシア対スペインやな」

「バイエルンの狙いは、はたして何であったのか」

「謎は深まるばかり」

「ちなみに、謎のシーンは攻撃にも存在する」

「キーパーからのロングボールをトニが落とす」



「後ろから走りこんだシュバインシュタイガーがこれを戻す」



「アルトゥントップが受ける」



「ここまでの流れは非常に見事」

「これができれば、バルサの弱点を突きやすい」

「ここから、縦にドリブル」



「あら」

「プジョルに潰される」



「まあ」

「まことに残念な結果に終わった」

「バルサとやるなら、中央に長く入ったら、次は左に展開したいところやな」

「ここからやな」



「この場合だと、ファーでフリーのトニへ直接クロス、もしくは、それをフェイクに使って左のスペースに展開しても十分行ける」



「アウベスが中に入っているから、サイドのスペースはガラガラのはずやしな」

「おまけに、そこにはリベリがいた」



「左下の矢印の先、頭だけ映っているのがリベリ」

「上の流れだと、メシはここまで戻ってこないから、絶対にチャンスになる」

「バイエルンは、バルサ対策でやるべきことについて、完全な逆をやった感がある」

「そういえば、バレンシアが、同じようなシステムを用いて、似た形でやられたことがあった」

「ただ、この試合では、これまでのバルサ対策の一つが有効でなくなる可能性が見えた」

「ピケか」

「ピケのさばきが格段によくなり、マルケスを空けてピケを完全に空ける守備をやると無理が生じると考えられる」

「サイドチェンジだけでなく、フリーになった時のコース取り、パスの出し方という点でも上手かった」

「その辺りは、こちらでご覧頂くとして」

「攻撃で狙う筋はこれまで通りとして、果たして、今後どう守るかね」

「両方のセンターバックの前にフォワードを2人置いて壁を作るか、あくまでもより恐いマルケスを重視して抑えるか、どっちかやな」

「そんなこんながどうなるか」

「今夜の試合が楽しみというところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」

Rg
無題
あ、あの…レクレの話はどうなったのでしょうか…?
y2009/04/16 13:52z NAME[ND] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
申し訳ありません。
レクレとバイエルンの比較をしようと思ったのですが、
バイエルンで時間切れとなってしまいました。
また、返信が遅れましたことをお詫び申し上げます。
これからもよろしくお願いします。
y2009/05/06 22:14z
休止中でしょうか?
今シーズンはしばらく休止でしょうか?

蹴球計画さんの分析や解説は他ではまず読めない内容なので、次回の更新を楽しみにしております。
蹴球計画さんが沈黙されると、日本サッカー界の損失ですよ。多分・・・。
y2009/09/20 15:23z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
復活お願いします!!!
こんにちは、
毎日毎日ずうっと訪問しては更新が無いようなのでがっかりしています。
このサイトに出会って本当にFutbolの奥深さを覗くことができました。私自身はcule'ですが、なぜかイタリアに住んでおりまして、この国のcalcioというものに辟易としている日々を過ごしています。そんな日常の清涼剤のような存在のこのサイトの復活を心から楽しみにしています。大変な作業だと思いますが、どうかがんばってください!応援しています!!!
y2009/09/22 05:46z NAME[yayazo] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター