週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[503] [502] [501] [429] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494]


赤い矢印へインステップによるシュートを見せ、白い矢印へインサイドでパスを通す。



大きく踏み込む姿勢を見せる。




軸足を手前に下ろす。





インサイドで前へ。








味方に合わず抜ける。

ここでの特徴は、インパクトの時、軸足とボールが前後に離れている点である。


また、インパクトからフォロースルーにかけて、体が後ろに傾く。


これは姿勢として良くない。

この選手は、インサイドの表から裏変換においても、ボールを前に置き、体を後ろに傾ける動作を見せる。






これは、技術的な問題なのか、それとも、筋肉や関節が硬く、体を立てた状態では足をひねりにくいためこのような蹴り方になったのか、興味のもたれるところである。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター