週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [429] [500] [499]
「さて」

「ここでは、ランパード、特にその手の動きに注目してみよう、というわけやな」

「手は口ほどにものをいい、という諺もあるくらいやしな」

「まず、軽い例としては下のようなものがある」

「今、白丸で囲まれたトゥレがボールを持ち、それをドログバが近くでマークしている」



「オレンジの丸で囲まれたのがランパード」

「トゥレが、画面奥へ切り返した時、ランパードは、右手を上げ、手のひらをドログバに見せる」



「これは、ステイの合図で、ドログバはトゥレを追わなくていい、俺が対応する、という意味になる」

「それを受けて、ドログバは立ち止まり、トゥレを離す」



「ここで、トゥレを追うな、というのは、もちろん、マルケスへの守備が甘くなるのを恐れてのことである」

「次の例では、センターサークル内のトゥレにボールが入る」



「黄色い丸がドログバ、オレンジの丸がランパード」

「トゥレからシャビへのパスに対して、ランパードがまたも右の手のひらをドログバに見せる」



「これも、ステイの合図で、ドログバは、シャビに行かなくていいことを示している」

「そっちは俺が回るから、お前は残ってトゥレをマークしろ、ということやな」

「実際、ドログバはボールを追わない」






「ランパードとミケルがボールを追い、マルケスとシャビの前に壁をつくり、ドログバは中の守備を担当している」

「次は、ピケが前にドリブルで攻めて来る例」

「まず、ランパードはサイドを向きつつ、中のトゥレを指差す」



「これは、俺がボールに被せるから、トゥレを見ておけ、という合図やな」

「ここで、ピケが中に切り返す」



「この時、ランパードは、画面外を指差している」

「その先にはもちろんマルケスがいるはずで、ドログバにそっちのケアをうながしている」

「ピケを空けて、トゥレ、マルケスを抑える方針が見える」

「それについては、次なんかも強烈やな」

「アビダルから、ピケにバックパス」

「この時、ランパードは、画面左を見ている」



「そして、またも画面外を指差す」



「これは、ドログバにマルケスのマークを指示している」

「常識的には、言ってることが無茶苦茶やねんけどな」

「上の図からドログバを除くと、ピケを抑える選手はだれもいない」

「それでもかまわない、ピケは無視してマルケスを抑えろ、という方針であることが上からもわかる」

「ちなみに、ランパードは、ドログバだけでなく、中盤全体にも指示を出す」

「下では、センターサークル内で、トゥレがボールを持っている」



「この時、オレンジで囲まれたランパードは、左手を横に上げている」

「トゥレは、自分とドログバで対応するから、中盤はここに出るなという意味やな」

「実際、ドログバが下がってくる」

「ここで、彼に待ての合図を送る」




「実は、上の2つの図は、最初の例と同じものなんやけどな」

「上のように、ランパードが全体を仕切る姿は度々見られる」

「下などもその例で、サイドに出たマルケスがフリーになる」



「この時、ランパードは左手を横に上げ、全体に下がれの合図を送っている」

「それに従って、中盤の選手が下がる」



「中へ進路を取ったマルケスに対応する準備をしながら、中央を指差す」



「もうお分かりのように、これは、ドログバにトゥレを見ろの合図である」

「同じような姿が、以下にも見られる」

「例によって、黄色の丸がドログバ、オレンジの丸がランパード」

「ピケがボールを持ち、ランパードが下がれ下がれの合図を送る」









「ランパードの指示に従い、エシエン、バラックなどが位置を下げているのがわかる」

「ここからマルケスにパスが出る」




「これはよくない」

「極めて良くない」

「サイドライン際でマルケスをフリーにするのと、これだけ中央でフリーにするのとでは、まったく意味が異なる」




「上が離しても良い例、下が悪い例やな」

「誰がミスを犯しているかというと」

「ドログバで、下の形から、ふらふらとピケに近寄った」



「この日のチェルシーの守備でそれは誤りで、逆に動いてマルケスへのパスを出しにくくさせ、もしボールが出たら、その後のプレイを阻害しなければならない」

「マルケスの前が空いた理由その3は、ドログバの誤り、という結論になる」

「上の流れでも、彼がマルケスを見なかった結果、下のようなピンチを招く」

「フリーになったマルケスに、ランパードが応対に出る」



「正面に入ったところで」



「中央側を抜き」



「人の間を通し」




「エトーに渡る」



「これこそマルケスやな」

「守備としては、ディフェンスラインからこのゾーンにボールを入れられては、中盤に何人置いても無駄になるので、一番嫌なパスである」

「それをいとも簡単に通すのがマルケスで、それがために、相手チームは多大な苦労をして彼がボールを持たないようにする必要がある」

「彼の得意なパスの概念図は下のようになる」



「赤い正面へのパスを見せて、足を返し、白いパスを通す」

「直接急所をえぐるパスを出せる」

「だから、マルケスの前に入る時は、正面に入りすぎず、2度ほど軸足側にずれて立つ方がいい」

「しかし、一つ不思議なことがある」

「なんや」

「マルケスは、上のパスが得意なはずなのに、この試合ではほとんど出なかった」

「ふむ」

「チェルシーの守備が外れる場面はあったのに、そのわりには縦に入れるパスが少なかったのではないか、というのを次に見てみたい」

「長くて大変ですが、こちらからどうぞ」


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター