週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[512] [511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502]
「さてさて」

「後半やな」

「まずは、48分28秒、右サイドからパスが渡り、ブスケツがフリーになる」



「ラインの前で前を向いたいい形だが、裏を狙った浮き球はクリアされる」

「53分30秒、縦へのスルーパスからアウベスが抜けてクロス」



「中には合わず、クリアされる」



「このプレーにおける、パスとアウベスの同期は非常に良かった」

「56分16秒、イニエスタがエリア内でドリブル」



「縦へ切り返し」




「アレックスがギリギリで足を伸ばす」



「これがもとでボールはラインを割る」




「ギリギリとはいえ、イニエスタの切り返しについていったアレックスは見事かと」

「第1戦では、ミケルがイニエスタのアウトに綺麗に合わせて、クロスをブロックしたシーンもあった」

「チェルシーはやはり、いい選手を揃えている」

「58分04秒、メシがライン2つを抜くスルーパス」




「クリアされる」




「60分9秒、イニエスタが中へ切れ込み、メシへパス」



「縦へ折り返し」



「クリアされる」



「63分12秒、イニエスタがサイドから中に切れ込む」



「縦に抜けるエトーにパスを送るが、キーパーに回収される」



「64分53秒、メシが切れ込んでシュート」



「枠をそれる」



「65分までのバルサのチャンスは以上」

「一言で言えば、まったく攻めることができていない」

「概念的には、下のようになる」



「ゾーンを、上のように①~③に分ける」

「②はもうちょっと細かく分けないかん気もするが」

「バルサは、基本的に③のゾーンでボールを回しているだけで、チェルシーとしてはまったく恐くない」

「これまでに見たバルサのチャンスというのは、たまに②を崩しかけたという程度で、本命である①は手付かずだった」

「チェルシーにとっては、①を必死で守っていた第1戦に比べると、まったくの余裕だったと言っていい」

「城で言えば、ほとんど三の丸で防いで、たまに二の丸まで攻められたけど、本丸はまったく手付かずだったということになる」

「なんで城で言う必要があるねん」

「いや、なんとなく図がそんな感じやからやな」

「そして、66分にアビダルが退場する」

「裏に抜けるアネルカを引っ掛けてレッドカード」

「引っ掛けるというよりは、後ろに蹴り出された足に横から触り、その影響で、アネルカの踏み出す足が軸足を蹴ったから倒れたんやな」

「リードを奪われ、まったく攻め手を欠いた中での数的不利」

「バルサ大ピンチ」

「実際、その後も鳴かず飛ばず」

「しかし、結果は1-1で勝ち抜け」

「それには、審判の助けが重要な役割を果たした」

「という点について、次にみてみようかと」

こちらから」

「どうぞ」


Rg
無題
バルサのチャンスがなかった?問題はそこじゃなく守備的チームと攻撃的チームの戦いで1点先取したチェルシーにはまった試合で、時にこんな分析はサッカーにおいて意味をなさなくなる。最後のイニエスタのシュートはどう分析する?チェルシーのチャンスはどう分析する?
試合は生き物でなにが起こるかわからない。あの舞台で、あの時間で、左から流れてくるパスをDFとGKの隙間を狙いふかさないように魂をこめて右を振りぬいた。
結果、ローマへの道が開かれた。

後付の分析はその瞬間の情熱の前には意味をなさない。説得力のないいいかげんな評論家や解説者はすべて後付・・・
y2009/05/21 00:28z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター