週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507]
「さて」

「ラスのキープ、ドリブル、特に引き技についてやな」

「下の図において、左に攻めているラスがゴールに背中を向けている」



「体をボールと相手の間に置き」

「右足でボールを踏む」



「踏んで引いたボールを、同じ足のインサイドで前に弾く」




「左足を踏み込み、右足でもう一度踏む」





「この時、右の黄色い守備者を見ると、パスをカットするように左足を踏み出している」

「左足を踏み込んだ際、その方向にフェイクが入っていたと考えられる」

「右足でボールを引き、左足で中央方向へ弾き、そちらへ持ち出す」










「これまた上手い」

「上手いわな」

「引き技も上手いし、1人をスクリーンで消して、もう1人と勝負するあたりも上手い」

「同様のプレーが、他でも見られる」

「ラスがややサイド方向にドリブル」



「この時、ライン際にミゲル・トーレスいる」

「しばらくの後、進行方向をより中央側に向ける」




「これは、相手の右サイドの中盤であるカニを中に引き付け、サイドをフリーにする効果がある」




「左足を踏み込み」



「空けたサイドへパス」




「と見せてモーションを途中でやめる」




「この時、手前側の守備者であるカニの体勢は特徴的である」

「サイドへのパスを切ろうとして、左足を大きく後ろに伸ばしている」



「ここで、右足でボールを踏む」



「右足を引いて」





「引いたボールを同じ足のインサイドで弾き」




「左足のインサイドで逆へと持ち出して抜ける」




「これらのことから、ラスは、右足で引くパターンが得意であろう、ということがわかる」

「右で引いて右、右で引いて左、右で引いて右左といった技が、上の2つの例から見える」

「ちなみに、二番目の例では、抜けた後のパスも上手い」

「抜けた後、中央から寄せて来る守備者に対して体の正面を向ける」



「そこから、サイドへパス」








「この時、下の写真で矢印のついた守備者に注目すると完全に逆を取られていることがわかる」



「中央で下の形を作られると、サイドは中に絞らざるを得ないため、そうなる」



「コース取り、正対、そこから空いたスペースの使い方、実に見事やな」

「高性能過ぎてびっくりする」

「ここで1つ思うんやけどな」

「なんや」

「これまでで、ラスのいいパスというのが3つ出てきた」





「出てきたな」

「この3つは、全て体の正面に対して、軸足側にずらしている」

「そうやな」

「最近、選手には、効き足だけでなく、効き変換というものがあって、それが得意なプレーゾーンに大きく影響を与えるのではないかと思うわけやけどな」

「効き変換かね」

「大きくわけると、キックの方向を変えるパターンには、軸足側に変えるものと、蹴り足側に変えるものがある」



「そりゃ、右か左やからな」

「例えばグティは、明らかに、上の図において①で示された軸足側への変換が得意やろ」

「左足の方やな」

「そのことから、中盤で使われる時は、中央より右に置かれることが多い」

「いわゆるグティパスを使いやすくするためで、ここ数年、特にそうやな」

「そうなると、ラスのパスを攻撃面で使おうとする場合、中央より左に置いた方がいい、となる可能性がある」

「それは、ラスが本当に軸足側への変換が得意であるということを証明してから進める話で、まだサンプルが足りんやろ」

「まあそうやけど、効き変換というのを考えると、選手の特徴について、これまでにない観点から話ができるのではなかろうかと思っているわけや」

「そうかね」

「そんなこんなを気にしながら試合を眺めるのも一興ではないかというところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」


Rg
無題
私はデビュー戦で、小回りが利くドリブルを見てびっくりしました!一気に心をつかまれましたよ!
守備をする新グティになる日が来るといいなぁ
y2009/05/25 00:42z NAME[ポッキー] WEBLINK[] EDIT[]
無題
見るたびにいい選手だなーと思ってみているのですが,どうしてアーセナルではうまくいかなかったんでしょうね?

パスもできて,キープ力もある本当に得難い選手なのに…
y2009/05/28 06:13z NAME[konkon] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター