週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507] [506] [505]
「さて」

「リーガは優勝も決まり」

「残るは順位争い」

「チャンピオンズやらUEFAやら降格やら」

「色々と興味深い」

「そのチャンピオンズ枠を狙うチームの1つであるビジャレアルとマドリーの対戦」

「先発はこう」



「ふむ」

「ビジャレアルの方は、ピレスとイバガサの位置が珍しい」

「ピレスをエグレンの横で使うオプションは、これまで使う機会がありながら、ほとんど採用されたことがなかった」

「それをマドリー戦で先発から使った点は興味深い」

「今までやと、イバガサが中、ピレスが左からトップ下というのが基本だった」

「マドリーは、まあ、良くある布陣ではある」

「今回は、中でも下の選手に注目してみようかと」



「ラスか」

「この試合でも、まさに八面六臂の大活躍だった」

「チームは負けたけどな」

「例えば、中盤の守備において、1人で2人分働く姿が見られた」

「下の感じか」

「ボールを持った選手が、ラスに向かって進んでくる」



「十分に引きつけてから横パス」



「ラスは、それを追う」



「ボールを受けた選手は、縦にドリブル」



「それを追って」



「からんで」



「潰す」




「実に素晴らしい」

「下の状況で1人」



「ここでもう1人」



「合計2人分の働きをしている」

「ちなみに、上の話には続きがあって、相手を潰した後、下のように進む」

「倒れたラスは」



「ボールに喰らいつき」



「頭で弾く」



「這ってでもボールに喰らいつく、その執着心」

「非常に素晴らしいのではないかと」

「上のような例は、別のシーンでも見られる」

「ピレスが、ラスへ仕掛けてくる」



「アウトで中へ切り返し」



「ラスは完全に逆を取られる」



「この辺り、ピレスはさすがの切れ味である」

「一度は負けたラスであったが、そこから反転し」





「ピレスを追いかけ」




「ボールを掻き出す」





「これまた見事で、自分で自分のカバーリングを行い、1人で2人分働いている」

「少なくとも、1.5人分はありそうやな」

「ボランチの横に馬鹿みたいなスペースを残しやすいマドリーにとって、非常に大きな存在であることがわかる」

「彼が来る前と後の成績にもそれはあらわれている」

「以上のような形で、ラスが守備に効くことは、広く知られている」

「確かに」

「この試合では、それに加え、パスの面でも非常に興味深かった」

「という点については、こちらにて」


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター