週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [429] [500] [499] [498]
「さて」

「世の中がクラシコで盛り上がる中、一つ前のバルサ対チェルシー」

「遅ればせながらというやつやな」

「結果は無得点の引き分け」

「チェルシーとしてはしてやったり」

「バルサとしては憤懣やる方ない」

「そんな結果だった」

「先発はこう」



「バルサはいつもの人々」

「チェルシーの方は、配置がガタガタしているが、こう描くのが一番正しい」

「守備における狙いと関係しているわけやな」

「その狙いを、一枚絵で表すと次のようになる」



「まず、基本は、ピケを空ける型の守備で、ランパードとドログバでマルケス、トゥレ・ヤヤを押さえる」

「そう組むと、下のパスが厄介である、ということを以前、セビージャ戦で見た」



「そこで、エシエンをピケとアンリの入れることで、それを消す」

「逆サイドでは、ボジングワがメシにほぼマンツーでつく」

「今までに見られたバルサ対策の総決算のような形で、これで抑えられなければ、バルサは本物であると言える」

「チェクからドログバへのキックも執拗に見られたしな」

「特に試合開始直後は、意図的に多く使っていた」

「あれは、弱点を突く以上に、ホームで勢いに乗って前に出てくるバルサをいなす意味もある」

「ついでに、敵地でミスの出やすい開始5分程度、なるべく自陣からボールを遠ざける効果もある」

「大事な試合における入りの常套手段ではある」

「それはそれとして、チェルシーが下の形で守っている、というのは、開始しばらくで、ほとんどの人がそのような気がしたのではないかと思われる」



「しかし、そうであると断言できそうで、できない部分があった」

「妙に例外項というか、矛盾する出来事が多かった」

「その辺りは、後ほど見ることにして、まずは上のようであったという証拠の方から見てみようかと」

「よかろう」

「下の絵では、赤っぽいバルサが右に攻めている」

「ピケがボールを持つ」



「黄色い円で囲まれているのが、ドログバとランパード」

「手前がドログバ、奥がランパード」

「ピケがドリブルで持ち上がる」




「しかし、ランパードはそれに詰める気配を見せず、中央に残る」

「おまけに、アンリへのパスコースにはきちんとエシエンが入っている」

「ちょうど、上で見た形になっている」

「しかし、これだけでは、偶然の可能性が高い」

「そこで、次に、ドログバとランパードは、本当にピケを無視していたという事例を見てみようかと」

「アビダルから、ピケにバックパス」



「ここでは、ドログバとランパードの体勢に注目したい」

「例によって、手前がドログバ、奥がランパードやな」



「ボールがピケに行く途中、ドログバはピケの方を向いているが、ランパードは完全に横、つまり、トゥレの方向を向いている」

「ピケがボールコントロール」



「なんと、ドログバは逆方向を向き、ランパードにいたっては、完全に後ろを向いている」

「なんというか、無茶苦茶な状況やな」

「ボールから目を離すな、とはよく言われる言葉だが、ドログバもランパードもまったく無視している」

「ピケが前にドリブル」



「やっぱり、2人とも別方向を向いている」

「ピケが8mほど進む」



「ドログバは、やっとボールに向き直るが、ランパードは後ろを向いている」

「さらに5mほど進む」



「ランパードはやっとピケを向く」

「センターサークルに入ったところで、ドログバがマルケスへのパスを切りながら寄せる」



「上は、偶然では絶対に起こらない流れで、チェルシーがピケを空けて守備を組み立てた証拠になる」

「ドログバはマルケスを見ることが最優先事項で、ランパードはトゥレを見ることが最優先である、としないと説明がつかない」

「なるほど、チェルシーはそのように守備をしていたのか」

「めでたしめでたし」

「とは行かない」

「上でも出たように、それと矛盾する状況が多く見られた」

「マルケスが前の空いた状況でボールを持つ場面が、非常に多く見られた」

「まずは、下の流れ」

「アビダルから、ピケにバックパスが出る」



「そこにドログバが詰める」



「もともと詰め切れる距離じゃないので、簡単にマルケスにパスが出る」



「届いた後の状況はというと」



「マルケスの前に無限の荒野が広がっている」



「これはおかしい」

「これが嫌で、最初のように守るのに、これでは話が合わない」



「例えば、下の場面でも、マルケスの前に大きくスペースが空いている」



「白丸がマルケス」

「前にパス」



「メシが受けてプロテクション」



「ランパードを置き去りにする」



「見事に最悪やな」

「以前に見た、バルサに対するやられパターン、その1やからな」



「ちなみに、ここでのマルケスは密かに技を使っている」




「上の2つの写真で、黄色い丸で囲まれたのがボジングワ」

「メシをほぼマンツーで守る関係で、中に絞っている」

「ところが、一枚目の写真ではメシの近くに居るのに、次の写真では後ろ向きに走っている」

「これは、2つの写真の間にマルケスがフェイントを入れたせいやな」

「左足で外に蹴るフェイクから、右足で中に蹴っている」

「組み立て皇帝と呼ばれるだけに、技のレパートーリーも広い」

「実は、マルケスが前を向いてパス可能な状況で受けるシーンは、前半だけで16回もある」

「詳しくは、後ほどの表をご覧頂くとして」

「16回はいかにも多い」

「確かに」

「その原因が問題になる」

「ふむ」

「その一つの概念図は次のようになる」



「ドログバが攻撃用のポジションを取った後で、バルサがボールを回収し、ドログバが戻れない状態でマルケスにパスが出ると前が空く」

「ランパードはトゥレへのパスを切りながら下がるので、マルケスはハーフライン付近まで到達することができる」

「上でマルケスがメシに出した状況が正にそれで、チェフのゴールキックから始まる」



「それを、前線でマルダが追ってバルデスと激突」



「マルケスにボールが出た段階で、マルダは置いていかれ、彼の穴をドログバが埋めている」



「これは、もちろん、マルダとドログバを入れ替えても成り立つ」

「これが、マルケスがフリーになるパターン1」

「その2が下の形」



「マルケスサイドバック説やな」

「白丸で囲まれたのがマルケスで、通常、4バックの右センターバックがここまで開いて攻めてくることはない」

「3バックならわかるけどな」

「ここまでサイドに出られると、フォワードでは追い切れない」

「よって、ドログバは追わず、ランパードが回り込んで対応するか、ミケルが出て、それによって生じる穴にランパードが入ることで解決する」



「マルケスがパスミスでもしてくれたら、ドログバからのカウンターが決まる確率は高い」

「そのミスをしないから、ここまで自信を持って開くんやけどな」

「普通恐くてやらない」

「これが、マルケスの前が空くパターンその2」

「その1とその2は理由がわかりやすい」

「マルケスとトゥレを見る2人のうちの1人が攻撃に出て戻ってくれなければ、どちらかが空くし、マルケスとトゥレの間を異常に離されたら追い切れない」

「この2つで閉じてくれれば、話は簡単やねんけどな」

「最初の、ドログバが追う例なんかは説明がつかない」




「下みたいな形もあるしな」

「今、ドログバがピケとハイボールを競り合う」



「それがバルデスまで抜ける」



「バルデスからマルケスへ、マルケスからアウベスへパス」



「この時、画面右上の選手がドログバで、既にバランスを回復している」

「アウベスからマルケスにパス」



「マルケスから引くシャビにパス」



「ミケルが追ってくる」

「シャビからマルケス」



「マルケスからシャビ」



「画面一番上のドログバは動く気配すらない」




「上の流れもおかしな話で、ピケを空けることを徹底するなら、下のようにならなければならない」



「ドログバはアウベスからマルケスに戻るパスを予想してボール側に詰めるべきであると」

「そうなれば、空いたピケに横パスが出る可能性は高い」

「ところが、現実には、そうならず、ドログバは、青い矢印のように、ピケをマークするポジションを取っている」

「これはいかなることであるか、というのが問題になる」

「そりゃそうやな」

「それを解く一つのヒントが下の写真にある」



「ここで、画面右中ほどの選手の腕の位置が重要で、前方、フリーになったシャビを指している」



「これは、そこにきっちり詰めんかい、というメッセージである」

「その送り先は、画面上部でぶらぶらしているドログバに対してであろうと思われる」

「そうであれば、ドログバの動きがおかしいことになる」

「そんな点を、次に見てみるわけやな」

「続きは、こちらからどうぞ」


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:
日本対デンマーク
WC、グループリーグE組、3−1 ・日本のスタメン 本田 大久保 松井、遠藤、阿部、長谷部 長友、トゥーリオ、中澤、駒野 川島 ・デンマークのスタメン ベントナー トマソン カーレンベルク、ヨルゲンセン、C・ポウルセン、ロンメダール ...
WEBLINK[URL] y2010/06/26 17:06z


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター