週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560]
前回は、スラロームが配置的にボールをカットされやすい例を見た。

ここでは、スラロームが配置的にファールを受けやすい例を見る。

以下の図では、赤いチームが左に攻めている。




コントロール







縦を狙うモーションを見せる。






アウトで切り返し

















ここでの問題は下の図にある。



この場合、ボール保持者は、守備者を縦方向、つまり青い矢印の方向に釣っている。
確かにそれは成功している。
しかし、守備者の体はこれから保持者が行く方向に残ってる。
配置そのものが、相手に近づくものであることがわかる。

以前、スラロームは自らバランスを崩すため、軽い接触で倒れやすい、すなわち、ファールに弱いことを見た。

スラロームは、配置、バランス的に、ファールを受けやすく、ファールに弱いことがわかる。

同様のことが、二人の守備者を相手にする場合にも言える。

次にこれを見る



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター