週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562]
前回まで、スラロームがボールをカットされやすく、ファールを受けやすいことを見た。

この欠点のため、スラローム的なプレーを中心とする選手は、いかに優れた素質を持っていようとも、それをフルに発揮することはできない。

ここでは、スラローム的コース取りにより、自らチャンスを放棄する例を見る。

下の図において、白いチームは左に攻めている。
今、画面下側の白い選手がボールを受ける。







コントロール後



守備ラインの前において、完全にフリーでボールを持ち、前に二つのターゲットがある。
攻撃の非常に良い形の一つである。
その後、以下のように展開する。















簡単に横を向き、そこに開いているスペースにひたすら流れ続け、最終的にボールを失う。

中央での良い状況が、サイドでの非常に悪い状況で終わっている。




この欠陥は、以前に見た、すぐに横を向いてパスを出す行動と共通している。

寄せてくる守備者に対して、すぐに横を向き、スラロームに移る選手は、このような形でチャンスを逃しやすい。
そして、スラロームに思考が囚われている選手は、チャンスを逃したことにすら気づかない。

スラロームの大きな欠陥の一つである。

次も同様の例を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター