週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734]
ここまで、ドリブルにおいては、ボールに接触する前の予想進路と、実際の進路が異なることが重要であることを見た。

これは、相手を抜く前のアプローチにおいても重要であり、同サイドの変化から抜くためにも重要であり、抜いた後が次のアプローチにつながるという意味でも重要であった。

ここでは、予想と実際の進路をずらすための動きについて見る。

もっとも単純な状況では、足が入る方向とボールが飛ぶ方向は一致する。



足が入る方向にボールが飛ぶと予想され、実際にもその方向に飛ぶ。

ここから足の入れ方を変え、接触点を変えば、飛ぶ方向は変わる。



また、同じ方向から足が入っても、足の向き、もしくはその形で飛ぶ方向は変化する。



具体的には、以下のようである。














ボールの中心より内側につま先を内側に入れた状態で触れる。




ボールはアウト側へと飛ぶ。




ボールとの接触点を変えることで、ボールの飛ぶ方向は変わる。

類似した動作から接触点を変えることができれば、予想進路と実際の進路をずらすことができる。

このため、接触点を変える技術は、ドリブルにおいて重要となる。

接触点を変える方法の一つは、体全体の重心を移動させることである。

右足でボールに触る場合を考える。



この時、体を支持する左足で、重心が右に動くように地面を踏む。

重心が右に動けば、それにともない右足も右に動く。



それにより、触る場所を変えることができる。



具体的には、以下のようである。

















最初、足はボールに対して縦に入るように見える。





実際には、外側から触れる。






この過程で、重心はアウト側、保持者から見て右側に動いている。






踏み切る方向により、ボールとの接触点をずらしている。



次も同様である。
















地面を踏む方向、踏み切る方向を変えることで、接触点をずらすことができる。

次に、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらす動きを見る。

例えば、足をボールに近づける途中、膝を外に向ける。

膝の伸展方向が外に向くため、足の軌道は外にずれる。



具体的には次のようである。


















最初膝は正面方向を向いている。




接触までの過程で、膝はより外側を向く。






これにより、足はボールの外側へ動く。

外側を触れることにより、ボールはイン側に動く。





膝を内側に向ける例は次のようである。
























膝が内側を向いている。



この動きがあることで、ボールとの接触点は変化する。



次も、膝の動きによりボールとの接触点を変える例である。















接触前の膝の動きは次のようである。






最初、膝は下を向いている。



そこから膝を内向きに持ち上げる。





膝がボールの内側に触れやすい位置に来ている。

ここから、支持足を左前方に伸ばし、ボールに触れる方の膝を伸展させながらボールに触れる。





膝の位置、もしくは、膝の体に対する相対的な配置を変えることにより接触点を調整している。

次は、キックフェイクから触る場所を変える例である。


























足は最初、ボールの後方から近づくように動く。





その後、軌道が変わる。





横方向から接触している。

膝の位置、もしくは配置を変えることにより、接触点を変えている。





以上のように、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらすことができる。

接触点をずらすという意味では、ボールに触れないこともそれに含まれる。













この角度からは、ボールに触れたようにも見える。



しかし、実際はまったく触れていない。











触れると見せて触れないことは、予想と実際のボール進路をずらすことにつながる。

このため、空振りと呼ばれる動作は、ドリブルにおいて重要な意味を持つ。







保持者は、アウト側へ触るモーションからボールに触れていない。





これに対して、24番の守備者は次のように反応する。






画面左に反応している。

仕掛ける前に相手を崩す場合など、ボールに触らない動きは有効である。

以上では、予想進路と実際の進路をずらすため、接触点を変えることを見た。

次に、接触点が同じでボールの軌道を変えるための動きを見る。

Rg
無題
股関節の操作で得られた重心移動と体幹の動きで生み出した膝下への螺旋の力をうまく伝えている好例ですね。
いやはやいつも素晴らしい画像をありがとうございます。
y2015/03/11 08:03z NAME[てんせぐりてぃ] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター