週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[748] [747] [746] [745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738]
前回は、弧と傾いた姿勢の安定性について見た。

ここでは、弧と折れた姿勢の安定性について見る。

折れるとは、次のような姿勢を指す。



全体が滑らかに湾曲せず、腰で体側面への方向が不連続に変わっている。



これを図にすると、次のようである。



この状態で地面に接している時、上下に働く力を図示すると次のようである。



この姿勢は、全体を、折れた下側で支えることができる。

このため、傾いた姿勢のように、簡単に倒れることがない。

この点では、傾いた姿勢よりも優れている。

一方で、折れた姿勢に力が加わると、ごく狭い一部分に強い負荷がかかる。



折れた構造では、原理的に、折れた部分に負荷が集中しやすい。

ここからの操作を考える。

例えば、折れた上の部分を、右に動かし、ちょうど真っ直ぐになった状態で止めることを考える。



この動作を行うには、最初の段階で右に力を加える必要がある。

その際、折れ目にかかる強い負荷に対抗するため、十分に強い力を用いる必要がある。

強い力を用いると、強い勢いを生みやすい。



一般的に、勢いが強ければ強いほど、制御は難しい。

例えば、真っ直ぐな状態で止まろうとしても、勢いを完全に殺すことが難しくなる。



このため、止まることができず、逆側に動き続ける可能性が高まる。



一部に過剰な負荷がかかることは、動作において過剰な勢いを生みやすく、その制御を困難にする。

現実の動作としては、次のようである。













最初、左に折れた状態にある。



最終的に、右にフラついた状態にある。



このようなフラつきは、動作の途中で出ないことが望ましい。

例えば、前方に加速するという動作を考えた場合、ふらつきは加速を阻害する。

加速が阻害されれば、相手を抜くことは難しい。










このプレーにおいて、守備者を抜けない1つの原因は、体が右にふらついたことにある。



これは、折れた腰にかかる強い負荷を、強い力で無理やり解消したことに起因する。





同様の動作で、弧を含むものについて見る。

弧を含むとは次のようである。



途中で折れず、全体が滑らかに湾曲している。



折れたものと比較すると次のようである。



弧に対して上下に力が加わった場合、全体としてたわむことを見た。



この過程において、一部に過度な負荷が集中することはない。

弧は、全体としてなだらかな構造を持つため、負荷が集中せず、全体に分散させることができる。

このため、変化を引き起こすために強い力を用いる必要がなく、結果としてフラつきを生じにくい。

現実の動作としては、次のようである。



















折れたものとの比較は、次のようである。






着地で弧を含むものの方が、折れたものよりフラつきが少ない。

以上のことは、弧を持つ構造の方が、折れた構造より動作の制御が容易であることを意味する。

制御が難しいものよりも、制御が容易なものの方が、動作は安定する。

サッカーをプレーするにおいて、動きは安定している方が望ましい。

よって、着地においては、弧を含む姿勢の方が、折れた姿勢よりも優れている。

前回まで話とあわせて、着地においては、傾きや折れよりも弧の方が優れている。

それは、倒れにくく、支えやすく、力を分散させやすく、制御が容易であるためである。

次に、弧の持つ別の特徴を見る。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター