週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704]
これまで、シュートも表裏の変換が存在することを見た。

ここでは、表変換をより詳しく見る。





























踏み込み部分は次のようである。





これに対し、一番近い守備者は以下の反応を示す。





守備者は、シュートをブロックするために足を出す。

しかし、ボールはその足の右側、シュートする選手から見て支持足側を通過する。

これは、表変換が行われたことを示している。

以前に見た表変換と比較する。





今回のものは、支持足側への旋回が顕著に見られる。

裏変換で見たように、このような旋回は支持足側へのシュートを予測させる。

支持足側へ飛ぶと予想されるコースから、さらに支持足側へと飛ぶ。

このような変換を、インサイドにならって表表変換と呼ぶ。

拡大図は以下のようである。























つま先を開く




膝を内側に巻き込む





蹴り足の膝を跳ね上げる





支持足の膝を伸ばす





表表変換においても、これまでと同じ要素が見られる。

これと前に見た裏変換を比較する。





左は表表変換として見たものであり、右は裏変換として見たものである。

両者ともに左へ旋回しながら踏み込んでいる。

しかし、最終的にボールが飛ぶ方向は異なる。





キーパーから見ると、同じ方向への旋回から始まり、最終的に左右まったく逆方向にシュートが飛んでくることになる。

同じ選手がこの2つを蹴り分ける場合、シュートコースを前もって見抜くことは困難であると考えられる。

次もこの点について見る。






























































































踏み込み





全体として右に旋回しながら踏み込んでいる。

この後、キーパーの左手に注目する。





一度胸の横に手を上げている。

この動きは、自分の正面方向にシュートが来ることを予想したためだと考えられる。

しかし、実際は正面より左側を通過する。





支持足側に来ると予測したボールが、さらに支持足側へとずれる。

これは、表表変換の特徴と一致する。

次も同じ選手によるシュートを見る。









































キーパーの反応は以下のようである。





ニュートラルに近い状態から、右足を外に出してる。

これは、自分の左側にボールが飛ぶと予想したためでる。

しかし、ボールは逆に飛ぶ。





これは、裏変換が行われたことを示している。

拡大図は以下のようである。

















































比較

























途中までは、どちらも保持者の支持足側へ蹴るように見える。

しかし、最終的な方向は左右で異なる。

このようなシュートは軌道の予想が難しく、止めるには困難がともなうと考えられる。

次に、表裏によるシュートの特徴を見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター