週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[718] [717] [716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708]
前回はボレーシュートについて見た。

そこでは表変換のみを扱った。

ここでは、ボレーにも裏変換があることを見る。




























































右に旋回しながら踏み込み、左に決まる。

裏変換が行われている。

拡大図は以下である。


































































膝を内側に巻き込む様子は以下に見られる。





次は反転しながらのボレーである。






























































膝を返す様子は以下に見られる。





次に、同じ選手によるボレーを3つ見る。

正面、右、左、それぞれの方向から裏変換が用いられる。

軌道が予想とずれることは、キーパーの反応に見られる。

正面
映像元: Romario trap 2:26




























































映像元: Romario trap http://m.youtube.com/watch?v=_0-j3gi6CvY 1:10
















































































映像元: Romario trap http://m.youtube.com/watch?v=_0-j3gi6CvY 5:21






























































ボレーにおいても、表裏、両方の変換があることがわかる。

次は、体を傾けながらのシュートを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター