週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713]
前回まで、シュートの決め方について見た。

ここでは、陥りやすいシュートでの誤りについて見る。

次のものは、表変換として見たものである。
















































このシュートは、地面を縦に踏み、上に伸び上がりながら蹴られている。






このシュートが打たれたのは、下に見られる位置からである。



次に、以下の位置から打たれるシュートを見る。



動作は以下のようである。





















































































このシュートは、地面についた右足を軸とし、左足を振り回している。






最初に見たものとは、根本的に動作が異なる。






一方は上に伸び上がり、一方は足を振り回しながら蹴る。

違いは、蹴った後の姿勢に顕著にあらわれる。




一方は空中にあり、もう一方は地面についたままである。

これは、以前に見た楔形と弓型の違いである。

上に伸びる方を楔形と呼び、振り回す方を弓型と呼ぶ。

そこでは、シュートにおいては楔形の方が良いことを見た。

理由としては、動きながら蹴りやすい、狭いスペースで蹴りやすいなどがあった。

狭いスペースで有効なことは、上の例でも見られる。




守備者が近くにいる。

それにもかかわらず、ブロックされることなくシュートを放っている。

楔形の特徴である、打ち終わりに浮く動作は、これまでに見た表裏両方で見られた。








これらのシュートでは、蹴った後に空中にあることが普通といえる。

普通ということは、基本ということでもある。

例えばゴールほぼ正面、ペナルティーエリアの外から表方向にシュートを打つとする。



この状況で、打ち終わりの姿勢を想像する。

これにより、基本のイメージを判断する事ができる。













































このように、体が宙にあることが正しい。



もし、次のように軸足が地面についたままのイメージを持つならば、それは誤りである。



正誤とは、よりシュートに適しているか否かによる。
楔形の動作は、シュートに向いた特徴を持ち、また表裏の蹴り分けにも通じる。
その点で、ゴールを奪う目的により適しており、正しい動作と言える。

しかし、現実として、シュートで足を振り回して蹴る選手の数は非常に多い。
特に、強く蹴ろうとすればするほど、大きく振り回す傾向が強くなる。
それは、シュートの基本として誤った動作であり、イメージである。

根本的なイメージが間違った状態で練習しても、上達は望めない。

それどころか、体に悪い癖を染み込ませてしまい、正しい動作への移行を阻害する。
振り回す蹴り方と、上に伸びる蹴り方は、体の使い方が本質的に異なる。
振り回す蹴り方は、どんなに練習しても伸びる蹴り方に接続しない。
このため、後から伸びる蹴り方に変えようとする場合、シュートでついつい足を振り回してミスをする。
これは大事な場面であればあるほどそうで、そのような時ほど昔の馴染んだ癖が出る。

悪い癖を修正するのは、一般的に長い時間がかかる。

最初から、よりシュートに適した蹴り方を練習した方が良い。

次に、上に伸びなが蹴る動作について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター