週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[725] [724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715]
前回は、表変換で、膝の跳ね上げがあるものとないものを見た。

ここでは、裏変換について見る。




























































































シュートの後、浮いている。



踏み込みを見る。






体、つま先を左に開きながら踏み込んでいる。

しかし、シュートは右に飛ぶ。





いわゆる裏変換を意図している。

おそらく、マイナスへのクロスを見せてキーパーを釣り、ニアを抜こうとしている。

しかし、キーパーの動作を見ると釣られた様子はほとんどない。









キーパーが動かなければ、この場合ニアは抜きにくい。

この点を改善するためには、膝を一度内側に巻き込むと良い。



次の状態から、膝を巻き込む。




その場合、足が全体的に内向きの軌道を取る。



体の開きと、足の旋回、この両方がマイナスへのクロスを予想させる方向に動く。

この2つが揃うことで、相手を釣る効果がより強まり、キーパーが動く可能性が高まる。



この点は、以前に見た裏変換で見られる。

画像元:A good goal is... from a good trap (football goals compilation) part 2 - christinayan 3:20







































最初、体が左へ開く。





その後、ボールを蹴る足も同方向へ動く。






ここから、巻き込んだ膝を一気に跳ね上げる。





これにより、キーパーは完全に逆を取られる。



膝を巻き込む動作は、フェイント動作の一部として機能する。

このため、膝を開いた動作と比べて、より強く相手の予測を狂わせる効果を生む。

相手の予測が狂えば、シュートは入りやすい。

その意味において、巻き戻しを用いる動作の方がよりシュートとして正しい。

足を真っ直ぐに振る意識だけでは、そこに到達することはできない。

ここまで見たことをまとめれば、上に伸びる動作と膝を跳ね上げる動作を複合させたシュートこそが正しい、基本のシュート動作であると言える。

次は、巻いて蹴るシュートについて見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター