週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5]
前回、ハーフライン付近での下手なプレーを改善し、上手いプレーにつなげる方法を見た。

その鍵は、正対、つまり、体の正面を相手に向けてプレーすることにあった。

ここでは、正対してパスを出すことが、攻撃の最終局面においていかに重要であるかを見る。

以下の図において、赤いチームは、左に攻めている。
今、画面中央下側の赤い選手がボールをコントロールする。




ここから正対に入る。





上では、完全に正対した状態にある。
ここから右に切り返す。
















このプレーのポイントは、次の図にある。



この時、守備側は、少なくとも以下の4つのプレーを警戒しなければならない。




左右へのパスとドリブルである。
正対状態では、常にこの4種のプレーが可能であり、守備者はどれか一つに的を絞ることができない。
このため、それぞれに対してある程度対応できるポジションを取らざるを得ない。
つまり、あるプレーに的を絞って守ることができない。
これが、攻撃側の次のプレーに有利であることは当然である。

また、守備側は、次のプレーが予測できないがゆえに、ボール保持者の行動を注視せざるを得ない。
これは、マークを外す動き、もしくは、守備の視界から消える動きを助ける。
ここでは、それらをまとめてデスマルケと呼ぶ。

まず、正対方向に進むことで複数の選択肢を保つ。
それにより、守備者のポジショニングが甘くなる。
また、正対することで、守備者の視線を集める。
これは、周囲のデスマルケを助ける。
正対してからそれを崩す段階において、受け手の動き出しをうながす。
正対を崩した後、パスを通す。

上のプレーは、以上の要素で成り立っている。

攻撃の最終局面において、守備に的を絞らせないこと、周囲の選手に動き出すきっかけをあたえること、受け手が適切な場所に移動する時間をつくり出すことは、極めて重要である。

それは、正対を通して達成される。

次も、同種のプレーを見る。
前回、下手とはすぐに横を向くことであることを見た。

ここでは、類似した状況における上手いプレーを見る。それにより、下手を上手くする原理を考える。

以下の図において、白いチームは画面右に攻めている。
今、中央下側の選手がボールを受ける。



コントロール





画面中央にボールを動かす。









一番近い相手の正面に向かってボールを動かす。




左足を踏み込む。






右足を外に捻り、縦方向へパス。










詰めてくる相手に、正面から向かう。
正面から向かうことにより、守備者は足を止める。
これによりプレッシャーを緩和してプレーすることができる。
さらには、左右両側へのパスコースを確保することができる。
前回見た、すぐに横を向く行動と完全に異なる。




次も、詰めてくる相手に対し、体の正面を向けてプレーする例である。














これも、前回に見た、すぐに横を向く行動と完全に異なる。




ここで見た選手は、体の正面を相手に向けることで、距離を詰められることを防ぎ、同時に広い範囲のパスコースを確保している。







一方、すぐに横を向く選手は、自らパスコースを狭くする。




これを改善するためには、体の正面を相手に向け、広いパスコースを確保すればよい。




下の例も同様である。




体の正面を相手に向けてプレーすることで、パスコースが確保される。




このように、パスコースを複数確保すれば、それを受ける選手の選択肢も広がる。



例えば、上図左側の白い選手は、サイドでのパスを受けると見せて中央に戻り、ボールを受けることができる。
これが実現すれば、中央で前を向いたフリーの選手ができる。
これは、良いプレーと言える。
良いプレーをする選手を上手いという。
下手が上手に変化する。

下の状況では、そのような複数の選択肢をつくることができない。



選択肢が少ないゆえに相手に読まれやすい。
読まれやすいプレーをする選手を下手という。

ここでの上手いと下手の差は、体の正面を相手に向けてプレーできるか否かにある。

体の正面を相手に向けてプレーすることを「正対」と呼ぶ。

つまり、正対こそが上手いと下手を分ける鍵である。
これは、攻撃の最終局面、ペナルティーエリア付近のプレーでも同様である。

次に、攻撃の最終局面おける上手いプレーの例を見る。
前回は、ハーフライン付近、組み立て段階での下手の例を見た。
ここでは、よりペナルティーエリアに近い位置での下手なプレーを見る。

今、白いチームは、左へ攻めている。
中央やや右下の選手がボールを受ける。



コントロール後、連続的に左旋回し、簡単に横を向く。












サイドへパス。












サイドでコントロール。




最初の状態は以下のようであった。



ディフェンスラインの前で、フリーでボールを持ち、ゴール方向を向き、前に3人のターゲットがいる。

これは、攻撃において、極めてよい状況である。

にもかかわらず、下の形で終わった。



中央の非常に価値の高い状態から、サイドのつまらない状態で終了している。

簡単に横を向く選手は、攻撃ゾーンでの良い状況を、平凡な状況に変えてしまう。

このようなプレーは、下手であるといわざるをえない。

ここでも、下手の原因は、簡単に横を向くということである。
つまり、下手とは簡単に横を向くことである。

このような癖のある選手は、どんなに身体能力に優れ、どんなにキックが上手くても、ただの下手である。

なぜなら、持っている個別技術を発揮しづらい状況に自らを追い込むからである。
これは、もっている素質が試合で無意味になるということにつながる。

このような癖を持った選手は、決して、本当の意味でサッカーをプレーすることはできない。

コーチ、監督であれば、それを改善しなければならない。

次回は、この「下手」という状態がどのように解決されるかを見る。
サッカーにおいて、「上手いけど試合で力が発揮できない」「技術はあるのに試合になるとそれを発揮できない」といった評論をよく目にする。

しかし、技術とは、本当の試合で使うことができて初めて真の技術である。
それができない選手は、本質的に下手といわざるを得ない。
このような評論が存在すること自体、サッカーが上手いという概念に対して誤解と混乱があることを示している。

ここでは、サッカーが下手であるという点について、純粋に技術面から明確な定義を試みる。
また、その逆に、サッカーの上手さについても明確な定義を試みる。

このサイトをよくご覧になる方のために書き添えるならば、以下は、これまでに見た、「2006年ドイツワールドカップにおける日本代表の欠陥」、「正対と組み立て」、「正しいインサイドキックとは」から発展したものである。

まず、はっきりとした下手なプレーを見ることにより、その原因を探る。

次の図において、白いチームは右へ攻めている。
今、画面上部の白い選手がボールを受ける。





ボールをコントロールする。



コントロール後、体が連続的に左方向へ旋回する。






この時点で、体正面は完全にサイドラインを向いている。
ここから、大きく前へ蹴り出す。











相手に奪われる。




コントロールの時点では、周囲に十分なスペースがあり、相手との距離も十分であった。



ここから、完全なミスパスで相手にボールを渡す。




明白に下手なプレーである。
ここでの根本的な問題は、簡単に横を向くことにある。

始まりは、下のようである。



ここから即座にライン側を向いたため、相手を呼び込み、パスコースが限定された。



このような状況では、どんなにパスが上手くとも、有効な形で味方につなぐことは難しい。
つまり、サイドラインを向き、自ら状況を苦しくしたとこで、正確にボールを蹴る技術が活用されにくくなった。

上の流れにおいて、下手の正体とは、簡単に横を向く、ということである。

これと良く似た例を次に見る。

今、白いチームは画面左へ攻めている。
画面右、センターサークル外側の選手から画面手前側へパスが出る。




コントロール








この時点で、体正面は完全にサイドラインを向いている。





キックフェイク





インパクト







最終的にボールを外に蹴り出す。

コントロールの時点では、周囲に十分なスペースがあり、相手との距離も十分であった。
また、中央に目を転じれば、複数の味方が見受けられる。



しかし、すぐに横を向いたため、パスコースが限定された。



さらに、相手から逃げるために後ろに下がる。



これによりプレーが苦しくなり、外に蹴り出した。



コントロール時点と、プレーの終了時点を比べると以下のようになる。




この選手は、十分に余裕のある状態でボールを受け、中にいくつものパスコースがある状態で外を向き、ボールを外に蹴り出した。

非常に不満の残る結末であり、このようなプレーは下手といわざるを得ない。

これも、最初のプレー同様、寄せていくる相手に対して、簡単に横を向いた。
それにより、自ら困難な状況に落ち込んだ。

簡単に横を向くことがいかに馬鹿げたことであるか、以下に概念図を見る。

一般にプレスと呼ばれる守り方がある。
その一例は、次のようになる。



ボールを持つディフェンダーに片側を切りながら詰め、サイドへのパスを誘発する。
ライン際のもっとも狭いスペースに追い込み、ボール保持者に横を向かせる。



この体勢では、前へのパスコースが極めて狭い。



守備は、それを狙い打つことでボールを奪い返す。

上で見た簡単に横を向く選手は、守備側がそのような苦労をすることなしに、自ら望んで下の状態に入る。



つまり、中央でプレスをかける部分は必要ない。



一人に詰められると、周囲にスペースがあるにも関わらず、簡単に横を向き、ずるずると体勢を苦しくしながら蹴り捨てる。




これが下手の正体である。
つまり、「サッカーが下手である」ことの理由は、簡単に横を向くことである。
言葉を変えるならば、簡単に横を向くことこそが下手ということである。

これは、よりペナルティーエリアに近い場所でも同様のことがいえる。

次に、それを見る


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター