週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[608] [607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598]
動作上の最初の特徴は、ボールに対して足を上から近づける点にある。
これにより、ボールが自然に止まるメカニズムが生まれる。
具体的には、以下の3点である。

地面との間に挟む

足首の変形


逆回転をかける

これらの詳しい内容は、リンク先を参照いただきたい。

また、以上を組み合わせることにより、任意の位置にボールを動かすことができる

これにより、次のプレーに移りやすい位置にボールをコントロールするという、目的の半分が達成される。

残りの半分は、次のプレーに移りやすいように、自らの体勢を整えることにある。

足を上から近づける場合、一度重心を持ち上げてから落とすことが自然である。
これは、小さくジャンプする行動としてあらわれる。











これは、次のプレーに移りやすい体勢を作る点で、非常に優れている。
一般的に、軽く飛ぶことは筋肉の緊張を緩めることにつながる。



同時に、一度飛ぶことにより、ボールに上から触れる動作において、筋肉を意図的に動かす必要が減じる。
これは、重力に引かれ、自然に落ちるだけで足が上から下へと動くためである。






これは、筋肉の操作を減らし、全体にリラックスした状態を保つことにつながる。
以上のことは、ボールタッチの柔らさを確保すると同時に、素早く次の動作に移ることを可能にする。

また、軽く飛ぶことにより、重心そのものを移動させながら、体の向きと軸足の向きを同時に変えることができる。



これは、着事後の姿勢をバランスの良い状態に保つことにつながり、次のプレーへの移行を容易にする。

以上に加え、コントロール時の体勢が自然であることは、複数の選択肢をより遅い段階まで保つち、その決定を最後まで遅らせることにつながる。







これは、守備者の逆を取ることを容易にする。

正しいコントロール法は、ボールを適した場所に置く、体を適した状態に保つ、守備者との駆け引きが容易になるという点で非常に優れている。

これらの特徴は、スペースのない状況、特にゴール前でのプレーで極めて重要になる。

これまでにも見たように、足を引くことを中心として行うトラップは、以上の利点をまったく持たないか、少なくしかもたない。

このため、それを身に着けた選手は、ゴール前の狭いスペースでのプレーが原理的に苦手である。
さらには、フリーでボールを受け、キーパーと一対一になる状況でもシュートを外すことが多い。
これは、トラップにおいて、自ら時間を無駄にするためである。

次回はその具体例を見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター