週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590]
コントロールにおいて、意図的に逆回転をかける例を見る。
(画像出典:http://www.youtube.com/watch?v=vgnwRgbExTU






ほとんどバウンドしていないボールに触れる。





接触後、ボールに急激な右方向への回転がかかる。
下の映像を連続表示することにより、それを見ることが出来る。









左に跳ねたボールが、接地後右へ戻る。


















一度左へ跳ねたボールが、右足で蹴りやすい位置に戻っている。
逆回転をかけることにより、能動的にボールをコントロールすることができる。

次に、アウトで逆回転をかける例を見る。


































アウトで、上から下にボールを切る、もしくはこする動作が見られる。





この結果、逆回転がかかる。









この場合も、連続表示によりボールの回転がはっきりとわかるはずである。

回転により、跳ね返ったボールは遠くに転がらず、近くに留まる。
これが次のプレーに有利であることは言うまでもない。

前回に見た、足と地面の間にボールを挟むことと、逆回転をかけることは相性が良い。

挟むことにより、ボールの勢いを殺し、そこから縦に足を動かすことで自然と逆回転がかかる。


正しいコントロールにおいて、この2つの要素は欠くことのできないものである。

まず、ボールに触れる高さを調整することで、どの程度ボールの勢いを削ぐかを決める。


次に、弾く距離と、回転の量を調整する。


同じ距離弾いたとしても、回転の量により戻る場所が異なる。
その組み合わせにより、意図した場所にボールを置くことができる。

これがボールをコントロールするという意味である。
その過程において、足を引く意識は必要ない。

一方で、接触面が後退する動きは、確かに衝撃を和らげる効果がある。
正しいコントロールにおいて、それは足首の変形、及び重心の移動としてあらわれる。
次回はそれを見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター