週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592]
コントロールにおいて、足を意図的に引く必要はない。
この点については、これまでに見た通りである。

一方で、足がボールと同じ方向に動くことは、確かに衝撃をやわらげる。
正しいコントロールにおいては、体全体の移動により同様の効果を得る。
具体的には、以下のようになる。









ボールと同じ方向に軽く飛びながら、体を開く。























体の一部を引くのではなく、全体を引いていることがわかる。
つまり、重心そのものを動かしている。
これにより、ボールとの速度の差が小さくなり、コントロールしやすくなる。

ボールに上から触れる、足首の柔軟性を利用するといった要素は、これまでに見た通りである。

上の例で見られる「軽く飛ぶ」という動作は、コントロールの要素として良く知られている。
しかし、軽く飛ぶということに足を引く動作をプラスしてボールを扱う勘違いが多い。
それは誤認であり、指導、練習両面において注意が必要である。

ここまでは、コントロールにおける要素を見た。

次回は、それにより生じる利点を見る
その後に、足を引くことを中心としたトラップが誤りである理由を見る。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター