週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596]
これまでに見た、正しいコントロールにおいては、足とボールの接触時間が短い。





ボールに触れ、足首が変形して接触は終了する。


足が地面についた時は、離れている。

ボールとの接触時間が短いことは、早い段階で、触れた足が自由になることを意味している。
これは、素早く次の行動に移るにおいて有利である。













以上において、ボールとの接触は下の3枚の間に完了している。





その後、自由になった足を画面手前側に引き、次のプレーに適した位置に置く。








ここで足を引くのは、ボールとの接触が終了した後である。
この動作は、足を引いてトラップをしていると誤解されやすい。
しかし、引くのは、ボールコントロールが終わった後であり、その目的は自分の姿勢を制御することにある。

接触が短時間ですむことで、他の行動に使う時間が生まれる。
それを利用することにより、自らの姿勢を制御し、次の行動に素早く移ることができる。

この点でも、足を引く動作を主体とすることは不利である。

上からかぶせる方が、接触がより短時間ですむことは明白である。



短時間で済むことは、相手に隙を見せない、ルックアップが早くなるなど、他の利点にもつながる。

この他に、正しい方法は、ボールとの接触においてバランスを崩さない点でも優れている。











接触前から終了にかけて、体勢の崩れは見られない。

足を引く場合、模式的に以下のようになる。





まず、足をボール方向に差し出す時点で苦しい体勢になる。



これは、例えば、相手との接触にもろくなることを意味する。
また、着地においても不利である。



体の中心軸と足の傾きがずれた状態で着地した場合、必然としてバランスの崩れをともなう。
実例は、以下のようになる。










正しい方法では、そのような乱れをともなわない。






















以上のように、正しいコントロール法は、ボールとの接触の前後において良い姿勢を保つことができる。
これが、サッカーにおいて良いプレーをする上で重要であることはいうまでもない。

体勢を崩さないことは、次のプレーの決定を最後まで遅らせることにも適している。

次にそれを見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター