週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591]
前回まで、コントロールに必要な要素を見た。
ここでは、それに加えて、足首の変形について見る。
以下の図において、足首から先の変化に注目されたい。










ボールに接触後、外にねじれていることがわかる。
このような変形は、足とボールの間の反発を押さえる。

同じ動きが、下の例にも見られる。















接触前と接触後のつま先の方向は以下のようになる。





外にねじれていることがわかる。
一般的に、衝突面が固ければ固いほど、ボールは強く跳ねやすい。
足首の変形は、それを抑える。

この効果は、足を引く方法では利用しにくい。





上のように膝から下を引いてしまうと、足首だけをリラックスさせることは非常に難しくなる。
これは、引く動作により、足首に近い筋肉に緊張が生じるためである。

正しい方法では、筋肉が硬くなる要素が少ない。





このため、足首の柔軟性を十分に活用することができる。

次に、コントロールにおける重心移動の効果を見る。



Rg
はじめまして。
はじめまして管理人さん。
大変興味深いページで練習で実践させていただいてます。特にトラップについては自分も疑問を持っていたので是非習得したいと思っております。
そこで質問なんですが、ボールに逆回転をかけるのとと足首の柔軟性を生かすところが何度読んでもイメージがわきません。なにかコツみたいなものはありますでしょうか。
y2010/06/29 17:33z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
Re:はじめまして。
まずは、文章にとらわれず、写真を見てイメージを組み立ててみて下さい。

万人に通用するコツかどうかわかりませんが、コントロールにおいて足を操作しないことです。

まず、足を引くことが癖になっている場合、どうしてもそれが出てしまいます。
それを抑えるためには、軽く飛んだ後、重力に引かれるままに足を下ろし、ボールと接触するといいと思います。

横からボールを出してもらい、飛ぶタイミングを合わせ、ちょうど足が落ちる時にボールの斜め上に足が当たるようにします。

そして、ボールと接触際には、足の力をできるだけ抜いておきます。

こうすると、自然に止まりますし、引く必要が一切ないこともわかります。

また、やり始めは、玉乗りが怖くて上手くできないことがあります。

その時は、ボールのなるべく端に接触することから初めて下さい。
そのうちに、ボールは丸く、足は柔軟なので、そう簡単には玉乗りしないことが実感できます。

・足を引く癖
・ボールに乗り上げる恐怖
・ジャンプのタイミングを合わせられない

という辺りが最初の障害になるのではないかと思います。

またなにかありましたらお寄せ下さい。
y2010/09/08 19:52z
無題
いつも更新お疲れ様です。
質問ですが、ゴロパス(少しも浮いていないボール)をコントロールするさい、足首の変形を利用すると書いてあるのですが、「足首の変形」というのは、意図的に足をねじる(能動的)のですか?それとも転がってくるボールの力に任せてかってに足首がねじれる(受動的)のですか?
y2012/01/04 20:37z NAME[カットイン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
「足首の変形」とは、足のどこに当てれば良いのですか? 一番変形がうまくいくところはつまさき辺りと思うし、写真で見るかぎりでもそうなのですが?
y2012/03/22 21:07z NAME[中学生] WEBLINK[] EDIT[]
無題
足首の変形がよーわからん

y2012/11/27 15:58z NAME[あいうえお] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター