週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589]
コントロールの最初の要素は、地面と足の間にボールを挟むことである。
正しい方法では、下に地面があることと、ボールが球形であることを利用してコントロールを行う。





以上は前回に見たプレーの一部である。
足をボールの上から近づけ、中心よりやや上側に触れている。
ボールは球形であるため、足と地面の間に挟まった状態になる。

これにより、ボールの勢いが減少することは明らかである。

中心近い位置を押さえれば軽く減速させることができ、より上側から押さえれば強く減速させることができる。

これにより、接触後のボールの動きをコントロールすることができる。

接触において、上から押さえる動きは、次の例にも見られる。




























静止画でわかりにくい場合、以下の部分を連続表示されたい。









足を上からかぶせる様子がわかるはずである。
この例では、足がボールに向かって近づくように動く。
コントロールにおいて、体の一部を意図的に引く必要のない1つの証拠である。

次に、足を伸ばしながら上からかぶせる例を見る。
































足は、上から近づいている。




これは、ボールを地面との間に挟むことにつながる。
また、接触に際して、足で縦に切る、もしくは上から下にこするような動作が見られる。




この動きは、ボールに跳ね返る方向と逆へ動く回転を与える。


これを逆回転と呼ぶ。

次に、コントロールにおける逆回転の重要性を見る。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター