週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588]
ここでは、足を引く意識でボールをコントロールすることが誤りであることを見る。
それを中心として考える限り、本当の意味でボールを扱うことはできない。

コントロールは、通常「トラップ」と呼ばれることが多い。
しかし、この言葉は、誤解を生みやすい側面があるため、ここではコントロールと呼ぶ。

正しいコントロールを用いれば、足を引くことなくボールを止めることができるし、自分の意図する場所に置くことができる。

以下に、その具体例を見る。

















以上において、足を引く動作は見られない。
この後、次の動作に移る。











足を引く意識で「トラップ」を行う場合、例えば下のようになる。





足の内側でボールを迎えに行き、例えば膝から下を引くように動かす。
次にその具体例を見る。





体を開く。






膝から下をボール方向に傾け、それを引く。









着地。



非常にバランスの崩れた状態にある。
下の二つを比較すれば、体勢の良し悪しは明らかである。




足を引いてボールを止めようとする選手は、例外なくバランスを崩しやすい。
この点については、後に詳しく見る。

傾いた状態からボールを蹴る。











カットされる。







このパスミスは、キック時のバランスの乱れにより引き起こされている。
コントロール時の体勢の乱れが原因であり、引く動作でボールを止めようとすること自体に問題がある。

足を引くことをメインとしてボールに触れる選手は、例外なくコントロールが下手である。

その点を明確にするため、正しいコントロールがどのように行われているかを見る。
「正しい」とは、要するに、サッカーにおいてごく普通に行われている、という程度の意味である。

次に、コントロールにおける地面の重要性を見る。




Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター