週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [584] [583] [582] [581]
前回は、技術ミニマムを構築する際、スラローム系の技を覚えることにより、サッカーが下手になる可能性を述べた。
ここではその具体例を見る。
スラロームの定義をご存じない方は、こちらをお読みいただきたい。

スラローム系の技として、次のものを考える。




















足の内側でボールを弾いて切り返す。
特徴は、角度の変化が非常に大きいことである。



90度、もしくは、それ以上の角度で切り返す。

概念図は、以下のようになる。



この技を攻撃で使う場合、ゴールの正面を向いて使うことはできない。
図で明らかなように、プレーの方向がペナルティエリアを向かない。
ベクトルをゴール近くに向けるためには、下のような体勢をとる必要がある。



エリア手前で横を向く。
この形から上手くいけば、下の形で、シュート、もしくはクロスを狙うことができる。



このような切り返しを得意とする選手が、下の状況を迎えたとする。



下のように動く可能性が高い。



これにより、得意技を使用可能にする。
具体例として、以下のプレーを見る。
(画像出典:http://www.youtube.com/watch?v=euMu1SKi-ak

1m11s

















左足の内側でボールを弾く。










最初に、右足でボールを横に転がす。



中に入った後、左足の内側でボールを弾く。



最終的に、下の形で終わる。



これは、極めて非効率なプレーである。



この形からはじめるならば、下のように動くだけで、ほぼ同じ形が出来上がる。




白と赤を比べると、白は、時間とスペースを無駄にしているだけである。
スラロームを行うと、時間とスペースを無駄にし、結局苦しい体勢で終わりやすい。
これは、今までに多く見た、スラローム系のプレーの本質的な欠陥による。

改善のためには、正対を行う必要があることもすでに見た。



このように、正面から押し込んで抜く。
切り返しが小さな角度でよく、相手を押し込んでいるため、その後のプレーが楽になる。
このようなプレーの具体例は、こちらを参照されたい。

概念的には、次のようにまとめられる。

スラロームで目指す形は、下のようになる。



正対は、ほぼ同じプレーを下のように行う。



切り返しが小さいこと、体勢を苦しくしないこと、使うスペースが少ないこと、どれをとっても、正対からのプレーの方が効率がいい。



上のプレーが可能な状況で、下のプレーを選ぶ選手がいるとすれば、それは無駄の多い選手であり、無駄の多い選手を下手と呼ぶ。



通常、効率の良いプレーと悪いプレーが選択可能な状況で、後者を選ぶ選手は「判断」に問題があると言われる。
これは、二つの選択肢から決定を下すのは脳であり、そこで間違った方を取るから良くない、という考え方にもとづいている。

しかし、その考え方自体が誤りである。

この選手が、無駄の多いプレーを選択するのは、足の内側で弾く切り返しが得意だからである。



人の脳には、得意な技を使うアイディアが閃きやすく、最終判断はそれに大きく左右される。
足の横で弾く切り返しが得意な選手は、それを用いたプレーを選択しやすい。

つまり、得意な技術が判断を規定するのである。

サッカーにおいて、思考、もしくは、アイディアを規定するのは、技術である。

これは、忘れてはならない概念の一つである。

無駄の多い技術が得意な選手は、それを繰り返し用いることで、プレーの非効率性を高める。
スラロームが得意になると、思考がそれに縛られ、そこから抜け出せなくなる。

判断ではなく、身につけた技術に問題がある。

次も、これを示唆する例を見る



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター