週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[588] [587] [584] [583] [582] [581] [580] [586] [579] [585] [578]
前回、正対からの技術ミニマムとして、どのようなものが考えられるかを見た。

ここでは、技術構築の具体例を見る。

下に述べることは、あくまでも一例であり、これが絶対というものではない。

個人の資質から、それぞれがそれぞれのミニマムを組み立てればよい。

最初は、正対から軸足側へのパスを習得することが簡明である。



プレーベクトルを相手に向け、インサイドで正面より軸足側へ蹴る。
左利きなら、次のようになる。



実際のプレーは、以下のようである。
























動作の初期において、正面へ踏み込む。







これは、相手にプレーベクトルを向ける行動であり、これにより本当の意味での正対が達成される。

守備者は、前に出る相手に対して身構えざるをえない。
このため、パスへの対応が遅れる。

この時の踏み込む動作は、出来る限り歩行動作と同じことが望ましい。
つまり、歩行とキックが見合いになっていることが望ましい。

サッカーは、動きながらボールを蹴るゲームである。
歩行と他の技術が見合いになることは、行動の種類を問わず重要である。

歩行とキックを見合いにする場合に重要なことは、体をパスの方向に回さないことである。






下手な選手は、このようなキックにおいて、早い段階で上半身が右に旋回する。
ボールの行き先を教えるようなものであり、見合いの原理に反する。

次に、このパスと蹴り足側へのパスを見合いにする例を見る。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター