週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[592] [591] [590] [589] [588] [587] [584] [583] [582] [581] [580]
これまで、技術ミニマムとその具体的な構築例を見た。

ここでは、構築の際に注意すべき点を見る。

正対から、下の形の見合いを考える。



蹴り足側へのドリブルと軸足側へのドリブルの見合いである。
これを作るにあたって、自分の中から出るもので技を完成させることが望ましい。
しかし、それが難しい場合、上手い選手のプレーを参考にすることが多い。
例えば、下の流れを手本にするとする。
(画像出典:http://www.youtube.com/watch?v=oYSIjjDoj6E




コース上に入る守備者に真っ直ぐ向かう。





ボールを小さくアウト方向に出す。







インサイドで切り返し。




守備者の重心が後方に落ちている。




















正対から、守備者を受身にさせ、その近くを抜いている。

小さな動作で相手の重心を大きく崩す、最終的な切り返しの角度が小さくてすむ、それにより相手の近くを抜く、時間と空間を無駄にしない。
このため、周囲のディフェンダーにも守備機会を与えない。



見事なプレーである。

瞬発力に恵まれた選手であれば、このプレーを模倣することは確実に上達につながる。
なぜなら、正対と見合いという概念を完全に満たしているからである。

実際にこの技を習得し、試合で成功を重ねたとする。
すると、モデルとした選手から、さらに技を模倣しようとする可能性が高い。
そこで、次の技に目をつけるとする。
(画像出典:http://www.youtube.com/watch?v=oYSIjjDoj6E












大きく相手を振る、素晴らしい技に見える。
次はこれを真似しよう、そうすればもっと上手くなるはずだ。
そう思うかもしれない。

しかし、これを真似た場合、上達が阻害される可能性が高い。

上の技を、クライフターンという。
おそらく、この世で最も有名な技の一つである。

しかし、クライフターンを覚えることは、サッカーが下手になることにつながりかねない。

下手とはなにか」からお読みいただいた方はおわかりのように、この技は正対という原理から外れているからである。

横を向いて用いる、いわばスラローム系の技術であり、このような動きを習得することはスラローム癖を強める結果をもたらす可能性がある。

次回は、その実例を見る



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター