週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [584] [583] [582]
前回は、サッカーにおいて、アイディアを規定するのは技術であることを見た。

ここでも同様の例を見る。
(画像出典:http://www.youtube.com/watch?v=euMu1SKi-ak

4m03s


















最初に、右足でボールを横に転がす。



中に入った後、左足の内側でボールを弾く。



最終的に、下の形で終わる。



前回に見た動きと、類似点が多い。





今回も、横に動いた後、サイド方向を向いて終わる。




また、プレーに時間をかけたため、オレンジの場所に守備者が増えている。
これも、前回同様、スペースと時間と無駄にしやすい、スラロームの根本的な欠陥による。

この場合の解決策も、正対にある。



正対し、相手の重心を後ろにかけさせ左右を抜く。
これにより、よりよい攻撃ポジションを得ることができる。

最初にも見たように、スラローム系の角度の大きな切り返しを得意とする選手は、このような場面で正対することが難しくなる。



なぜなら、得意な技をつかうことで、ゴールから遠ざかるためである。

このため、横移動を行う。



これにより、得意な技が有効になる状況ができる。





これも、前回同様、得意な技がアイディアを規定している。

つまり、正対よりも低いレベルの技術であるスラロームがアイディアを規定し、それが選手の行動を支配する。

このことは、正対のできない選手に、スラローム系の技術を教えることが非常に危険であることを示している。

特に子供に対してそうである。

次回は、その点を見る



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター