週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595]
これまでに見たように、正しいコントロールにおいては、足をボールの上方からかぶせる。
この動作を体全体で行うため、重心を一度浮かせて落とす動作をともなう。
このため、多かれ少なかれ小さくジャンプしているように見える。

具体的には以下のようになる。
















軸足の踵を浮かせながらボールと接触し、軸足が地面から離れる様子がはっきりと見える。






同じ動作が次のプレーにも見られる。



















踵を浮かせながら、体全体の方向を変えている。






この動作は、体の向きと軸足の向きを同時に変えることができる点で優れている。

軸足を地面につけたまま、反転しながらコントロールを行う場合、必ず体の向きと軸足の向きに矛盾が生じる。
実例は以下のようになる。











以上の段階において、軸足を地面につけ、踏ん張りながら体の向きを変えている。








ボールに接触した足が地面についた段階で、完全にバランスを崩している。
これは、必然である。

以下の図において、二つの塊は足をあらわし、その間の矢印は体正面の向きをあらわすとする。



軸足を浮かせずに体の向きを変える場合、以下のようになる。





体を開くことにより、ボールに接触する足と正面は方向を変えることができる。
しかし、軸足は地面についてその動きを補助しているため、向きを変えることができない。
結果として、全体の動きから取り残される。
他方の足と体の正面は右方向に行こうとしているにもかかわらず、軸足だけが別の方向を向く
これにより、次の行動に移るにおいて、体勢に矛盾が生じる。
下図のバランスの乱れは、それが一つの原因となって引き起こされている。



足を引くことの弊害はここにもある。
引くためには、軸足を地面につけている方が良い。
その方が、踏ん張ることによって接触する面を引きやすい。
このため、ボールを止めたとしても、必ず不自然な体勢が残る。
これは、足を引くトラップが原理的に持つ欠陥である。

体全体を移動させ、軸足を浮かせながらコントロールする場合、以下のようになる。





地面に接触していないため、軸足も方向を変えることができる。
このため、最終的な姿勢に矛盾がない。



結果として、次の行動に素早く移ることができる。

続いて、次のプレーに移りやすいさらなる理由を見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター