週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597]
以前、サッカーの上手下手において、正対とともに、見合いという概念が極めて重要であることを見た。

正しいコントロールにおいては、自らバランスを崩すことなく、非常に自然な体勢でボールと接触することができる。

この特徴は、コントロールと他の行動を見合いにすることに適している。

具体例は以下のようになる。
ボールを受ける選手がどのようなプレーを選択するのか、想像しながらご覧いただきたい。

今、ボールは画面左端上方にあり、中央右側の選手がそれを受ける。





















最終的には、画面左へパスが出る。
しかし、寄せる守備者は、右足でのコントロールを予想した動きを見せている。








これは、上の行動において、コントロールとパスが最後まで見合いになっていたことを意味する。

正しいコントロールにおいては、自らバランスを崩さず、迎える姿勢が自然である。
このため、最後の段階まで様々な選択肢を保持した状態で次の行動の決定を待つことができる。

これは、相手との駆け引きにおいて非常に有利である。
いわば常に後だしじゃんけんをするようなものであり、逆を取ることが容易になる。
上手い選手ほどこの特徴を備え、下手な選手ほど意図を読まれやすい。

次に、正しい、もしくは、普通のコントロール法が持つ特徴と利点をまとめる


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター