週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[613] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605] [604] [603]
これまで、足を引くトラップが嘘であり、それでは本当の意味でボールをコントロールできないことを見た。

しかし、引くことでボールを止めようとする行動は、世間一般に流布している。

それは、間違った指導論が蔓延しているためである。

その一つとして、キックとトラップを関連づけたものが存在する。

その説くところは次のようである。

「止まったボールを動かすのがキックである。動いたボールを止めるのがトラップである。つまり、キックの逆動作がトラップである」

ほとんど笑い話のような主張である。

しかし、これは、かつて本当に実在した「指導論」である。

この主張は、パター型のインサイドと組み合わせて用いられることが多い。

キックをパター型で蹴り、その逆動作のようにトラップを行う。

例えば、キックを下のように蹴る。









蹴り足の膝を横に大きく開く、典型的なパター型である。
この蹴り方は、完全に嘘の蹴り方であり、練習すればするほどサッカーが下手になる。
この点の詳しい説明は、「正しいインサイドキックとは」をご覧いただきたい。

この選手のトラップは下のようになる。
















最初に、足をボールに対して大きく差し出す。



これはそこから足を引いて止めようとするためである。
いわば、パター型の逆回しである。
この動作により、自らバランスを崩した状態になる。

次のトラップも同様である。













前の例と同じく、足を大きく前に差し出している。



一度この体勢を取ってしまうと、次の行動に素早く移ることが非常に難しくなる。
この点は、これまでに見た通りである。

また、この選手は、横から来たボールを前に持ち出すとき、次のようなトラップを行う。









動作上の特徴は、ボールとの接触にあたって、膝を大きく外に開くことである。



これを行うと、足の軌道は模式的に下のようになる。



足を斜めにすることで、接触面を斜めに向け、同時に、足とボールをなるべく平行に動かすことで衝突をやわらげようとする。

ほぼ同じ動作を、以前、別の選手で見た。










この白い選手は、以下のように、足をボール方向に差し出し、それを引くトラップを行う。



















同じ選手のインサイドキックは、次のようになる。










典型的なパター型である。

上の2人は、パター型のインサイド、引いて止めるトラップという共通した技術的特徴を持つ。

これは、子供の頃に誤った指導を受け、それを信じたためである。

その時の指導は、おそらく、「インサイドはパターのように蹴りなさい、そして、トラップはその逆として行いなさい」というものであったと想像される。

結果として、両者ともに技術的に非常に低いレベルに留まっている。

パター型で蹴る以上、パスが下手にならざるをえず、引いて止める以上、ボールを本当の意味でコントロールすることはできない。

このような選手を下手にするだけの指導は、即刻止めるべきである。

上の形で下手になった場合、責任は嘘を教えたコーチ、もしくは周囲の大人にある。

一方で、世の中には嘘の指導論を正当化する「科学的」な説明が存在しており、これが混乱に拍車をかけている。

次にそれを見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター